予約転売とは?正直誰でも稼げるレベルのものです。

Pocket

予約転売とは?

と聞くとやはり難しいというイメージがあるみたいですが、

今は正直誰でも稼げるレベルになりましたね。

 

 

僕は予約転売をやり始めて

かれこれ2年ぐらいになるのですが、

2年前はというと先行して得する人が必ずいて、

どうしてもその人たちには勝てないという

構図がありました。

 

 

どういうことかというと

今は誰でも1年前から予約販売できるのですが、

Amazonの規約が変わる前は

1ヶ月前からしか販売できなかったんですね。

 

 

その中で特別な権利を得ていた

セラーが存在していて

1ヶ月前からしか販売できないセラーが

大勢いる中で先行して販売していたので

余裕で利益を取ることができていた

いわゆるパイロットセラーと呼ばれる

人たちがいたんですよ。

 

 

例えば嵐っていう鉄板商材があったとして

2ヶ月前からプレミアになったとしたら

もうそのセラーは自分の言い値で

独占販売していたというわけです。

 

 

いやー、その時は悔しかったですねー

もうそれを見て待つことしかできなかったですからね。

当時の彼らはかなり予約転売で

儲けていたと思いますが、

僕のところへは結局パイロットセラーの

権利のお誘いはありませんでした。

 

 

それでも当時は予約転売自体の

ライバルが少なかったので

1ヶ月前から参入しても

ちゃんと利益をとって売りぬくことができていました。

 

 

今ではそういった権利が無くなって

誰でも同じ条件で参加できるようになったので

誰でも稼げるレベルになったと申したわけです。

 

 

ただ勘違いしてほしくないのが、

せどりと同じで簡単だと思って参入したはいいけど

そこに正しいノウハウがないばかりに

結局は稼げない、難しいということになって

辞めていくことになりかねないから、

甘い考えでやるくらいなら

やめたほうがいいとは思います。

 

 

特に今は参入しやすくなった分、

ライバルが非常に多いので

そこでいかにカートの戦略を組み込んで

利益を最大化させるかということも必要ですし、

そもそも稼げる商材を見つける方法

商材を確保する方法というのも必要になってきます。

 

 

さらには僕のように

そこには古参のセラーもいるので

長年やっているからこそわかってくる

ノウハウというのも存在するでしょうし、

そういった正しい方法さえ知っていれば

誰でも稼げるレベルではあるのですが、

最終的に赤字損切りの恐怖を

味わうことになるかもしれませんよ。

 

 

でもこうやって言ったことによって

参入障壁が高いと感じるかもしれませんが、

あえてやってみて勉強するのも1つです。

ただ甘くはないということを

念頭においてやるということです。

 

 

何度転んでも立ち上がるっていう

非常に好きな言葉がありますが、

立ち上がり方というのもちょっと考えて

やるのがいいと思いますよ。

ではまた。

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。