電脳せどりにプラスしてヤフオク販売を取り入れるべきか

Pocket

電脳せどりにプラスしてヤフオク販売って使っていますか?

というのが今日の本題です。

 

 

前にも記事にしたことがあるのですが、

まずせどり資金を作る準備段階として

ヤフオクを利用して不用品を

売ることをお勧めしていました。

 

 

もちろん不用品ではなく

本気でせどりをやるなら

何を売ってもいいですよ。

 

 

私なんて大量にあった漫画を

まとめて売って10万円ぐらいの

資金を作ったこともありましたからね。

 

 

要はアマゾンでは売りにくい商品

または売れない商品をヤフオクでさばいて

お金を作るということなんです。

 

 

どちらも体験してわかることなんですが、

客層は全く違います。

 

 

まずヤフオクなんですが、

少しでも安く購入したいという

お客様が多いように感じます。

 

 

アマゾンはというと面倒な取引がなく、

少々高くてもすぐに商品が

ほしい人が多いと思います。

 

 

こういうことがあるので

電脳せどりも成り立ちますし、

FBAっていうシステムも

生きてくるんですね。

 

 

あ、あと支払いに関してですが、

アマゾンからの購入だとそのアマゾンが

仲介する形になるので安心感が

高いというのも理由でしょうね。

 

 

返品に関しても購入者にとっては

手厚いのでそういった面を重要視される

お客様はアマゾンで購入されます。

 

 

こう文章にしていても思うのですが、

「じゃあヤフオクなんか

使わなければいいじゃないか、

取引連絡だって面倒だし」

って思うのが普通です。

 

 

実際そう思っていましたしね。

けれども先に書きましたが、

アマゾンでは売りにくい方法が

ヤフオクではできるのでそこだけに

絞ってヤフオクを利用するのは

非常に有効且つ資金効率を良くする

方法でもあると私は考えています。

 

 

よく手数料がヤフオクの方が安いから

という理由でお勧めする話を聞くのですが、

それももちろんあります。

 

 

あるんですが、

アマゾンで安易に損切りしたくない

という理由での手数料の考察や

セット販売もしくはセットものの

ばら売りなど、むしろこういった理由で

ヤフオクを利用することの方が

自分は多いです。

 

 

ヤフオクは確かに面倒なんですけど

アマゾンで販売するのだって

初めは慣れないで

苦戦しなかったでしょうか?

 

 

 

結局は慣れというところが大きいです。

ヤフオクだって同じです。

ただただ先入観で

面倒なヤフオクなんて利用しない!

 

 

 

・・・ロングテールとして在庫を持つことも

戦略かもしれませんが、

資金効率を重要視する私にとっては

その考え方がもったいないです。

 

 

その資金さえあれば

更なる回転商品を購入して

資金を膨らませていくこともできるのに

って考えてしまうわけです。

 

 

使いどころを考えて

ヤフオクもぜひ取り入れてみてください。

出品システム利用料も0円になったことですし、

良い機会ですよー。

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA