せどりの販路としてヤフオクで併売してみる

Pocket

せどりの販路としてヤフオクで併売することで

在庫リスクを少しでも無くすことができます。

単純に販路を増やすという意味ですね。

 

 

せどりといえばアマゾンFBAっていうのが

もはや主流なわけですが

参入しやすい分、

ほんともう単純に値段だけ下げてくるやつ・・・

 

 

 

それに意味あるのか!

って叫びたくなるんですけど

まあ価格改定ソフトで

どんどん値段を下げていっているだけのはずです。

 

 

在庫するのが怖いっていうのも

わからなくはないんですが

当然ある程度は価格改定して

販売を加速させることで売り上げを大きくすることは重要です。

 

 

だけど商品によっては需要があれば

価格が正しい方向に戻ってくるという

いわゆる市場原理があるので

もう少し待ってもいいのでは?

ということも合わせて言いたいです。

 

 

それでも資金がなければ仕入れも

ままならないということもわかるので

そこは単純に値段を下げるのではなく

まずは販路を増やしてみるということも考えるんです。

 

 

すぐに始められるのはやはりヤフオク

しかもアマゾンなみに集客力もあるので

評価がなくても売れるときは売れます。

 

 

もちろん見せ評価も必要なので

購入してある程度評価を作っておいたほうが無難です。

 

 

 

あとは若年層ユーザーに対して

圧倒的な集客力があるメルカリですけど、

価格交渉があるにせよ、固定価格でしか販売できないのは

それだけ機会損失にもつながるので

僕はやはりヤフオクをお勧めします。

 

 

ところでヤフオクってやってます?

やっていたらわかると思うのですが、

一番面倒なのが取引連絡ですよね。

次に出品です。

 

 

これらの作業を楽にするのは

無料のツールで十分なんですが、

これについては別の動画で解説してみます。

 

 

で、FBAマルチチャネルができてからは

この販路を増やすっていうところはかなり推奨しています。

梱包や発送の手間がないですからね。

しかも結構配送料も安いんですよ↓

引用:FBAマルチチャネル料金体系

 

 

私は郵便局と後納契約しているので

これぐらいは普通かなと思っているのですが

契約していないとしたらこの値段が

とんでもなく安いことがわかると思います。

 

 

マルチチャネルを駆使しながら

アマゾンとヤフオクの併売で

在庫リスクはかなり軽減されるはずです。

 

 

在庫リスクに焦点をあてていますが、

FBAマルチチャネルを利用して

利益をあげていくということも当然できますし、

Amazonよりも現金化が早いので

どうしても現金がほしいというときのための

手段の1つとしても取り入れるべきですね。

 

 

あとは長期滞留品の損切りのための

オークション形式での出品です。

これは必ずしも損きりになるわけではなくて

オークション形式にすることによって

値段が吊り上がることも当然あります。

 

 

メーカー卸仕入れなど縦積み在庫を増やすと

それだけ現金化が遅くなるので

縦に在庫を積む機会が多ければ

むしろ他販路販売は必須かなという感じです。

 

 

考えられるリスクに対しての

1つの措置としてぜひ取り入れてみてください。

>>FBAマルチチャネルの方法とヤフオク販売での効率化

 

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。