電脳せどりで仕入れるべき中古品の特徴

Pocket

電脳せどりで仕入れるべき

中古品の特徴についての解説をしていきます。

 

 

せどりで扱う中古品とは?

せどりで扱うべき中古品なんですが、

町にあるリサイクルショップで扱っているような

特にジャンルに縛られない、

どのようなカテゴリーでも該当します。

 

 

実際にAmazonのカテゴリーを見てみてください。

本・DVD・CD・ゲーム

家電・パソコン

ホーム&キッチン

ペット用品・DIY

おもちゃ・ホビー

ファッション・スポーツ

車・バイク用品

 

食品やコスメは抜いたとしても

中古品として扱えるカテゴリーが

こんなにも存在しているわけです。

 

 

中古品に需要はあるのか?

中古品のイメージはどんな感じですか?

人の手に一度渡っているものだから、

売れないと思いますか?

 

 

購入者層というのは

本当にいろいろあって、

もちろん絶対に新品じゃないと買わないという層もいますし、

新品より安く買えるなら中古でもいいやという層、

中古でも価値があるから買いたい層、

中古にこそ価値があると思う層、

新品が廃盤で中古品しか手に入らないから買う層、

こういった感じで必ず中古には需要があるということです。

 

 

自分にも置き換えてみてください。

僕が必ず新品としてほしい商品というのは、

保証書付きの家電品だったりします。

機械なので故障したときの万が一のためですよね。

後は人体に触れるものだったりですかね。

 

 

じゃあ他のカテゴリーで手元に置いておきたいとしたら

別に安ければいいかなっていう感じで、

特に新品とか中古にこだわりはありません。

むしろ中古しかないような商品だと

価値がある商品なのかと気になって検討してしまうぐらいです。

潔癖だと別ですが、

あまり僕と変わらないんじゃないですか?

 

 

電脳せどりで仕入れる中古品の仕入れ先

中古品を扱っているところなら

どこでももちろん仕入れ先となるのですが、

ネットショップだとリサイクルショップ系や

大手でも中古品を扱っているようなところだったり、

せどりの老舗のブックオフもオンラインストアがありますから、

こういった場所になります。

 

 

圧倒的に中古品が仕入れやすいのは

やはりヤフオクです。

個人でも業者でも

中古品といったらヤフオクみたいなイメージがありますし、

実際出品者側の立場で話しても何でも売れていきますよ。

だから何でも出品しやすいですし、

自分には価値がないと思う商品でも

市場では価値がある商品が

投売りされている可能性もあるわけなので

仕入れもガンガンできるというわけですね。

 

 

中古品のメリット・デメリット

メリットは利益率や利益額が大きくなります。

これは新品がないものの価値であったり、

商品の個体差による差別化であったり、

検品作業がともなう中古品をせどらーが避ける、

などの要因があります。

特に新品が市場に存在しないようなものだと

仕入れ自体が難しかったり、

そもそも出品者がいなかったりと

言い値で取引できる可能性があります。

 

 

デメリットは仕入れてみないと

商品の状態がわからず、

それによって検品の手間が増えます。

またせどりを商売としてはじめる以上は

古物商許可という申請をしなくてはいけないということです。

 

 

古物商に関しては

デメリットというより、

今後も商売としてせどりをやっていくなら

当たり前という感覚で取得すべきです。

 

 

まとめ

楽だからといって

新品ばかり仕入れていると

やはりライバルとの価格競争だったり、

利益率の低下に繋がりますので

新品の扱いに慣れてくれば

ぜひ中古品にもトライしてもらって

全体的な利益率の底上げ

をしてもらうのが理想的です。

>>電脳せどりで仕入れるべき商品をまとめてみた

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。