Amazonのカテゴリー別の手数料が重要な理由

Pocket

Amazonのカテゴリー別の手数料が

重要な理由についての解説をしていきます。

 

 

カテゴリーごとの手数料とは?

出店形式で小口と大口があるのは

>>Amazon(アマゾン)に実際に出店する

でも説明していますが、

それとは別にカテゴリーによって

販売手数料というものがかかってきます。

 

例えば家電品だと

販売価格に対して8%であったり、

おもちゃだと10%であったり、

一番大きなところで15%までの販売手数料がかかってきて

要は基本手数料に加えて

これらの販売手数料がかかってくるわけなんです。

 

 

15%ってかなり割合が大きくないですか?

さらにCDやDVDといったメディア系商材と

本、書籍のカテゴリーでは

30円~140円までカテゴリー特有の手数料までかかってきます。

 

 

それでもAmazonで出店する理由

販売手数料の話を聞くと

全然利益取れなさそうに感じてきますよね?

だって仮に5,000円で販売したら

750円も販売手数料を取られるわけですから

それを考慮してさらに安い値段で

仕入れを考えなければいけませんからね。

 

 

でも僕は物販暦は結構長くなってきましたし、

いろんなプラットフォームを利用してきていますが、

正直これは案外高くない手数料だと思っています。

 

 

どんな商売でもそうなんですが、

集客っていうのが欠かせなくて

この集客に対して自分の力だけでやろうとすると

とんでもなく費用がかかったり、

その費用に対して見合うだけの効果がでるかは

やってみないとわからないというところがあります。

 

 

Amazonもそうなんですが、

プラットフォームに依存することに

警笛を鳴らす人も当然いるでしょう。

 

 

だけどプラットフォームに安くもない

手数料を払う理由というのは

何よりも集客を自分でやらなくてもいい

というのが最大のメリットであると僕は考えます。

 

 

そこに対して時間も費用もかけずにすみますし、

費用対効果についても考える必要がありません。

ただただ売れる商品をデータで読み取って

出品していくのみで売上がたつということなんです。

 

 

特にAmazonはお店を構えるというよりは

商品のページに対して

いろんなお店が集まっているという感じで、

お客様からすると

商品ページにたどり着いて

その商品を買うか検討するというもので、

要は特定のお店から商品を購入したという感覚は薄く、

Amazonから購入した

という意識の方が強いんです。

 

 

僕がそうなんですが、

Amaoznから商品を購入するときは

正直お店の名前は覚えていないです(笑)

だからその商品ページに人が集まるだけというなら

価格だけの勝負になってくるところはあります。

 

 

まとめ

基本料金に加えて販売手数料があり、

そしてFBAを使うなら

当然その手数料もあります。

 

 

そこに対して自分の時間だったり、

費用を考えると案外普通のことだということです。

Amazonだけじゃなくて、

他のプラットフォームだって同じことです。

 

 

Amazonより手数料が安いところも当然ありますが、

安いところには、それも当然理由があります。

サイトの構築だったり、

モール内の集客争いだったりの部分です。

 

 

それがAmazonで販売する分には

商品ページに人が集まるから

サイト構築の手間はないし、

集客ではなく、価格勝負ということなんですね。

 

 

価格勝負ということは

安くさえ商品を仕入れることができれば

どんな大手ショップだろうと

対等に勝負ができてしまうというのが

Amazonで出店する意味でもあります。

 

 

結果、単純に物販を行う上で

それだけの手数料を払ってもやる価値というのが

Amazonで販売していく際にはあるということです。

だから当然と割り切って

Amazonと仲良くお付き合いしていきましょう。

>>モノレートという分析サイトを使ってせどりで稼ぐ

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。