電脳せどりで仕入れるべき特価品(セール品)の特徴

Pocket

電脳せどりで仕入れるべき

特価品(セール品)の特徴について

解説していきます。

 

 

電脳せどりで考える特価品(セール品)とは?

実店舗でセール品はよく

お店の棚に陳列されているわけではなくて

ワゴンと呼ばれる場所に

積み上げられていることが多いですよね。

 

 

電脳せどりでも特価品、セール品と呼ばれるものは

実店舗でいうワゴンの場所が

用意されていることがあります。

 

 

よくある表記がこちらです。

アウトレット

数量限定

セール

タイムセール

特別価格

処分品

 

ネットショップ内の特定のページだったり、

ずばりタイトルに記載がある場合もあります。

 

 

こういった商品がなぜ存在するのかというと

僕らがせどりをやっていて

いつまでも在庫にしたくないのと同じで

お店も古い在庫は早くさばきたいのです。

ただお店の場合は、新商品の入れ替えのために

古い型番の商品を処分品として出すケースが多いです。

 

 

需要はあるのか?

お店側が安くしてでも早くさばきたいと思っていても

実は新商品ではなくて、

旧の商品が買いたい層であったり、

少しでも安い商品がほしい層であったり、

と需要はさまざまな形がありますし、

特にネットショップよりも

Amazonというモールとしての集客力が強く、

より多くの需要に対して商品を露出するため、

僕らせどらーの販売力は高くなります。

 

 

ですから新商品を個人ベースで

安く仕入れることができなかったとしても、

特価品、セール品を狙うことで

大手ネットショップとの価格競争力もでてきまし、

もちろん需要はあるので商品は売れるということです。

 

 

主な仕入れ先

ワゴンセールと聞くと

やはり大手家電量販やホームセンターなど思いつくように

電脳せどりでも仕入れ先としては

大手ネットショップだけでも問題ありません。

 

 

それでもどんなネットショップから仕入れていいか

わからなければハピタスに掲載の

ネットショップから探してください。↓

>>ハピタスとは?電脳せどりで稼ぐためのポイントバック

 

ハピタスを経由することで

ネットショップとのポイントの2重取りも可能なので

むしろハピタスからの購入を考えた方がいいと思います。

 

 

特価品(セール品)のメリット・デメリット

コレクター要素が高いわけではなくて

むしろ誰もが日常必要としている商材を売っていくので

比較的回転が早いのがメリットです。

 

 

デメリットはネットショップ内の特価品、セール品は

全国の電脳せどらーすべての目にとまりやすいので、

1個限定商品とかであればまだいいのですが、

セール品を大量に誰でも買える状況であれば

その時は利益が取れると見込んで仕入れた商品も

ライバルの増加によって価格競争の末、

利益が取りにくくなる可能性があります。

 

 

ただ製造自体中止となった

再販がないような商品だと

相場が元に戻ってくる可能性はあります。

 

 

まとめ

特価品(セール品)として出てきやすく、

また売れやすい商材としては

誰もが日常必要としているものなので、

そこを意識して電脳せどりに取り入れてみてください。

>>電脳せどりで仕入れるべきプレミア品の特徴

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。