モノレートから仕入れの判断をする新品プレミア品の見方

Pocket

モノレートから仕入れの判断をする

新品プレミア品の見方について解説していきます。

 

 

新品のプレミア品の特徴から考えること

コレクター要素があることによって

定価を超える値段が付くのがプレミア品です。

だから一度プレミア価格になった商品は

そのときにそもそも仕入れようと思っても

市場に数が少ないということがほとんどです。

 

 

仕入れられる可能性が低いから

出品者も膨大な数がいるということは

ほとんどないはずです。

 

 

だからモノレートで最初に見るべきところは

ランキングであることは変わりないのですが、

それと合わせて見るべきところは出品者数です。

出品者が少ないのに

ちゃんと需要がある商品を読み取ることで

新品の特価品のように激しくランキングが変動していなくても

仕入れ対象になってきます。

 

 

モノレートで判断する特価品との違い

現在の価格で売れているかの判断は当然ですが、

プレミア品の場合は過去の相場が高い場合の

可能性というのも見た方がいいですね。

要はさらに高く売れる可能性があるということです。

 

 

特に出品者が少ない場合ですが、

過去の高い相場でも売れることが多々あります。

 

 

また、特価品の場合はあくまで

日常的に使用する商品であることから

新品のみを対象にしていたので

モノレートを見る時も視覚的に判断できました。

 

 

だからリサーチスピードも早くなるのですが、

プレミア品の場合はもう少し判断の要素が増えます。

先ほども申しあげているとおり、

出品者が少ない、もしくは現時点で新品の出品者がいない

ということもあるので

過去の売れていた相場

が大切になります。

 

 

このあたりの記事を参考にしてください。↓

>>モノレートから正しく、稼げる仕入れ基準を見極める

>>モノレートの見方を間違えて仕入れの失敗になっていないか

 

 

また、出品者が少ないのと、

そもそも出品者がいない場合というところで

中古品が売れている可能性を追求しなくてはいけません。

 

 

そこで見るべきところが動画でも説明しているとおり、

モノレートの下部にある、が大切になってきます。

こちらでより詳細に本当に新品に対しての需要があるのか?

中古のように安いだけの商品の方が売れているのでは?

という判断から実際に新品のプレミア品を

仕入れていくというわけです。

 

 

販売していく値付けは

基本はやはり現在のAmazonのカート価格です。

ただ過去相場を見て安すぎるのでは?

と思ったときは最初わざと高い金額で設定するのもありです。

安い価格帯のものが売れたら

自分にカートが回ってきて

それがその価格で売れるということも当然ありえます。

 

 

その後の利益計算は新品特価品とやり方は同じです。

ただし、プレミア品の仕入れ先が

ネットショップではなく、

ヤフオクになりがちなので

仕入れ値が確定していないという状況では

FBAシミュレーターで計算した

手数料を除いた金額に対しての

自分が望む利益率から入札額を決めていくのがいいです。

こちらはまた別の動画でもお話しますね。

 

 

まとめ

特価品と違い、

仕入れの判断とする要素が増えるので

やはりより詳細にデータを

読み取っていく必要があると考えています。

 

 

そのデータをうまく読み取ることができれば

利益率、利益額は大きいのに

回転も早く、

またリピート仕入れできるような、

要はライバルに見つかりにくい、

自分だけが知りえる商品もでてきますので

その特徴を生かして仕入れの判断としてください。

>>モノレートから仕入れの判断をする中古品の見方

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。