せどりの仕入方法を派生させた卸仕入れ商品の特徴

Pocket

せどりの仕入れは

通常安定はしづらいですが、

それを安定させるために

卸仕入れ商品を導入するとどうなるのか?

 

 

卸仕入れとは?

僕が言っている卸仕入れとは

問屋から商品を卸してもらうのも

メーカーから直接商品を卸してもらうのも

卸してもらうのは変わらないということで

ひとくくりで卸仕入れと呼んでいます。

 

 

通常小売店が商品を販売する流れというのは

こうやってメーカーないしは問屋から

商品を仕入れて消費者に販売するというのが一般的です。

だからせどりは1点あたりで仕入れても

通常ルートで仕入れる小売店と

価格勝負ができるということで

特殊だけどよくできた商売だなとつくづく思います。

 

 

ただせどりでは稼げる1つの商品を

安定的に長期で仕入れるのは難しいです。

それに比べて仕入れ先があるというだけで

仕入れが途切れることがなく、安定しているのが

やはり卸仕入れの特徴になります。

 

 

扱う商材としては

特価品に近い考え方にはなるのですが、

必ず定価より安い価格で仕入れることが可能です。

 

 

卸仕入れの商材に需要はあるのか?

どんな商材でも安く購入することができれば

という層がいる限り、そこに対して

商品を提供し続けるだけで売れていくので

十分すぎるほどの需要はあります。

 

 

ただしトレンド需要だったり、

定番商品だったりと

そのときの需要を良く見て

仕入れの判断をすることになります。

 

 

卸仕入れの仕入れ先

まずはメーカーですね。

こちらは国内メーカーと海外メーカーがあります。

海外メーカーの場合は

すでに国内に代理店がいる場合があるので

正規品として販売する場合は

代理店からの購入になります。

 

 

あとは商社もしくは問屋です。

メーカーから直接購入するわけではないので

間に介入する分、

直接購入より高い場合がほとんどですが、

その商社や問屋の規模によって

スケールメリットを活用しているので

メーカーと同じくらい安く仕入れることも可能です。

もちろんこちら側からの数量交渉によって

価格を下げてもらうことも可能です。

 

 

卸仕入れのメリット・デメリット

メリットはせどりとは違って

やはり安く安定した仕入れが可能で

しかも国内メーカーや代理店の場合だと

商品に対しての保証がちゃんと付いているということです。

なので万が一不具合があったとしても

自分で修理対応などするわけではなく、

直接メーカーに話をして

交換をしてもらうということができます。

 

 

デメリットはせどりの最大の強みである

クレジットカード仕入れができないということです。

要はメーカーや問屋の場合、

取引に対しての信用問題があるので

基本的には現金取引になってしまうということです。

 

 

ただし、信用というところが非常に重要で

信用を積み上げることで

交渉次第ですが、月末締めの○日支払い

とかいう感じでクレジットカードと

同じような仕入れができるようになります。

 

 

もう1点デメリットをあげるとすると

ある程度まとめて仕入れることになるので

商品を縦積みしなくてはならないということ、

つまり在庫リスクが出てくるということですね。

 

 

まあこちらもある程度1ヶ月で消化できる

在庫数が読めてくれば

消化分を再発注という形にしてもいいですね。

 

 

まとめ

せどりの最大のメリットは

クレジットカード仕入れで

しかも1点から商品を仕入れて

利益が取れるという

すごく良いビジネススタイルだと思います。

通常ルートを覆していますからね。

 

 

ただせどりを1人でやる場合、

必ず売上の天井が見えてくるのですが、

卸仕入れを取り入れることで

安定的に仕入れができるのと同時に

安定的に途切れない売上をあげることができます。

しかもリサーチは必要がないので

1人でも売上の天井は見えづらいということです。

 

 

また誰でも卸仕入れをさせてくれるところと取引してしまうと

結果、せどらーだけではなくて他の業者とも

価格競争になる可能性があるので

通常の電脳せどりと同じで

Amazon自身が在庫を持っていなくて、

かつ取引のハードルが高いところと取引できれば

かなり勝機はあります。

 

 

初回交渉で取引を断れると僕は逆に燃えますね。

それだけプライドのあるメーカーだということで

そこを口説き落とすことができれば

Amazon内で独占もできますから。

また国内だけではなくて海外にも目を向けると

案外ライバルがいない、

なんてこともよくあるので

せどりでしっかりとした利益が取れて

売上規模が大きくなった段階で

僕はぜひ卸仕入れを取り入れてほしいなと思っています。

>>電脳せどりで仕入れるべき中古品の特徴

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。