モノレートという分析サイトを使ってせどりで稼ぐ

Pocket

仕入れるに値する商品かどうかを判断するための

分析サイトであるモノレートについて解説していきます。

 

 

店舗せどりや電脳せどりということを説明する前に

商品を仕入れるための判断基準が必要になりますよね。

適当に仕入れて利益が取れるっていうのは

ギャンブルにすぎません。

目が慣れてきてもちろん目利きというのも

備わってきますが、以前と同じ

回転率と利益が取れるかは別問題です。

だから現場でもネットでもその商品に対して分析を行うのです!

 

 

分析サイト「モノレート」について

先ほども言いましたが、商品を闇雲に仕入れるのではなく

その商品が本当に売れるのかを判断しなくてはなりません。

そこで無料で分析ができるサイト「モノレート」の登場です↓↓↓

>>【モノレート】商品のランキング・価格推移をお買い物や転売の前にチェック!

 

Amazonや楽天の検索窓で商品を検索するように

モノレートの検索窓で商品名やJANコードを入力して

仕入れ用の商品を分析していきます。

 

 

またドラゴンボールを例にとって実際にやってみますね。

2015-11-24_160215

 

必要な箇所だけ上から順に説明していきます。

【ランキング】

Amazon内での商品に対するランキングです。

どういったアルゴリズムで決定しているのか詳しくはわかりませんが

高ランキングなほど商品は売れているということです。

※ランキングについて売れているという基準は

 別途解説しますが、売っていくとなんとなくわかってきます。

 

【コンディション】

コンディションはリンクになっていてクリックすると

Amazonの販売ページに飛びます。

モノレート内の最安値、出品者数より

詳しい情報が見れるリンクです。

 

【商品詳細】

こちらもAmazonの商品ページに飛ぶリンクですが、

ここでの使い方は「カート」と呼ばれる価格のチェックのためです。

カートについては奥が深いので後ほどじっくりとお話します。

 

【FBA料金】

こちらはFBA料金シミュレーターと呼ばれるAmazonの公式ページで

自己発送した場合やFBAで販売した場合の

手数料等を加味した最終的に手元に残る金額の計算をしてくれる

使い勝手のいいページになります。

こちらも後ほど解説していきます。

 

【最安値】変動グラフ

最安値の変動グラフですが、価格の推移が見れます。

 

 


さらに下にスクロールしていくとまたグラフが出てきます。

2015-11-24_163110

 

【出品者数】増減グラフ

出品者数の増減のグラフです。

ライバルの人数により参入すべきかの判断をします。

 

【ランキング】変動グラフ

ランキング変動のグラフです。

これがもっとも大事な指標になりますが、

下に折れるタイミングで商品が売れているという見方をします。

日付間隔でこの折れ線が頻発しているなら

相当人気がある商品で回転率が早いものであると判断します。

 


さらにスクロールしていくと表がでてきます。

以上グラフの情報を表に置き換えたものです。

グラフで判断していてもいいですし、こちらの表で判断してもいいです。

ただしこちらの表の方がさらに細かい分析ができて

新品が売れているのか、中古が売れているのかの判断もおおよそ可能です。

2015-11-24_163121

 

 

 


このように1つの商品に対して

この商品は本当に売れるのだろうか?

という不安を分析することで解消していくわけです。

 

 

間違っても以下のような商品を仕入れてはいけません。

2015-11-24_164719

数ヶ月に1度売れるか売れないかという商品を仕入れるという

危ない橋を渡らないように、

まずはランキングの折れ線が頻発していて

且つ利益の取れる商品を仕入れましょう。

 

 

利益が取れるかということについて

次回FBA料金シミュレーターで解説します。

>>FBAシミュレーターで手数料計算して仕入れ判断をする

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。