せどりで仕入れる商品に迷ったときにとる行動

Pocket

せどりで仕入れる商品に

迷ったときにどんな行動をすれば

そこを乗り越えられるのか?

 

 

得意なカテゴリーで1点突破

仕入れる商品に興味が無くても

ちゃんと利益が取れる商品を見つけると

モチベーションも上がって継続できるのですが、

そうじゃない時も当然ありますよね。

 

 

まさに僕がそうだったんですが、

BOOKOFFでの本(書籍)せどりから始めた、

いわゆる王道せどりからせどりを知って

行動し始めたのですが、

まあ中々稼げる商品が見つからなかったわけですよ。

 

 

漫画とかならまだしも、

まったく興味のない赤本や

医学書や芸術書、バンドスコアなど

片っ端からリサーチしまくっていました。

だけどそれでも見つからなかったんです。

 

 

1円かもしくは仕入れ値と同等ぐらいな感じで、

しかも当時はビームっていう手法があるのも知らずに、

さらにスマホではなくてガラケーで手打ちっていう

地道なことを1日かけてやっていたわけです。

 

 

それでも見つからないわけですから

当然モチベーションは下がりますし、

何やってんだろっていう感じで

あきらめる寸前までいったんですね。

 

 

でもBOOKOFFって本だけではなくて

CDやDVDやゲームもあるじゃないですか。

とりあえずリサーチを止めて、

家に帰ってゲームでもやろうという感じで

ゲームコーナーにいったんです。

 

 

で、Amazonってゲームも売っているよな、

と思って手に取った商品を調べると

利益率30%強の商品がいとも簡単に見つかってしまい、

ゲームだったら好きだし、

もう少しゲームに絞ってリサーチしてみようとやりだしたら

当時は結構簡単に商品が見つかったわけです。

 

 

それが良い経験となって

ゲームだけではなくて

商品から横に派生させたり、

カテゴリーを変えたりして

せどりを止めずに稼げるようになったというわけですね。

 

 

これがいわゆる1点突破

僕が言っている意味なんですが、

1枚の堅い鉄扉があったとしても

そこをこじ開けてしまえば、

どうにかなるかなという風に思っています。

 

 

実際、電脳せどりのリサーチでも

僕が推奨している方法というのは

とりあえず稼げる商品をたった1つでいいから見つけるということ

そしてそこからの派生が大事だと

コンサル生にもかなり強く言っています。

 

 

ライバルと差別化できる商品

物欲が無くて、

Amazonで取り扱っている商品では

興味があるものがないから、

じゃあ1点突破は無理なの?

 

 

こういった考えもありますが、

そうした場合に有効だと思っているのは

やはりライバルと差別化しやすい商品を

取り扱っていくというのが、

稼ぎやすい方法ではないかと思っています。

 

 

特に面倒な作業が発生するものは

時間も取られるし、敬遠されがちです。

かく言う僕も大嫌いです(笑)

 

 

だからこそ、利益率や利益額が大きいものも多いですし、

新品だけでは利益率が低くなるから、

こういった面倒な商品で

総合的に利益率や利益額の底上げを狙う、

という方法もとることができます。

 

 

特にやりやすいのは中古品なんですが、

気をつけなければいけないことも当然あって、

状態によっての返品リスクもありますし、

クレームだって出てくる可能性もあります。

 

 

そういったリスクを踏まえても

長く無くなっていないビジネススタイルですし、

古物商という免許があるくらいですから、

過去現在未来で有効な物販の方法は

中古にあるのではないかというぐらいの

メリットがあると僕は思っています。

 

 

まとめ

どうしてもうまく仕入れができないときは、

好きなカテゴリーや得意なカテゴリーを極めてみるということ、

実際に月商500万円とか月商400万円で

しかも利益率25%以上実績を作っているコンサル生は

1点突破でしかも中古品に偏っているケースが多いです。

 

 

1点突破した後もカテゴリーを

増やしていないというのが逆にすごいですが、

それだけの可能性が1点突破にあるということですね。

 

 

仕入れに迷った場合は

ぜひとも活用してみてください。

>>電脳せどりで稼ぐには設備投資も必須

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。