電脳せどり仕入戦略

食品せどりを卸仕入れに転換して稼ぐスピード感をアゲアゲ!

投稿日:

食品せどりはヘルス&ビューティーに並んでAmazonで販売していくには審査が厳しいジャンルです。

しかし逆に捉えるまだまだ穴場。

 

あらっく
食品も卸仕入れできればおいしいのでは?

と考えて即行動です!!

 

卸仕入れといえばまずは食品展示会へGO!

実はこの考えを思いついてから実践したことがあるのですが、とある展示会に参加してきたわけです。

それがこちらです。

 

食品に特化した展示会だったのですが、かなり収穫がありました。

と言いますのもやはり食品というジャンルはAmazon自身が在庫を持つことも結構難しいというところがあるのですが、やはり賞味期限があるというのが最大のネックではないでしょうか。

 

まさしくそこを狙って賞味期限が短いような商品に的を絞ったりですとか、生鮮食品を狙っていくことも可能だと思ったわけ。

 

でもそういう商品を狙って仕入れをするとあっという間に賞味期限が来て、売り抜く前に廃棄処分することになるのでは?という考えが当然浮かびますよね。

 

ただ、この課題をクリアする術があるのであれば、Amazon自身が入ってこないし、当然ライバルたちも参入はしにくいので僕はチャンスであると思っているわけです。

 

実際に製造業者やメーカーの取り扱いの商品をAmazonで検索しても、商品ページ自体が無かったりすることが当たり前なのでおもしろいことができそうだなと一人でワクワクしております(笑)

だから当然OEMという形で独自のブランドも作れますよね。

 

それで今実際に考えていることを展示会でお会いした製造業者であったり、メーカーと話をしているのですが、こちらの提示する条件で取引をしてくれそうなところが数社あったので、しばらく実験的に食品をやってこうかなとも思っています。

 

もちろんうまくいくかはやってみないとわからないのですが、実践せずに自分の考えを終わらすのはもったいないなと思ったのでとりあえず行動あるのみ!

 

2017年は物販の比率を落として、月間の売上を1000万円でキープできればいいかなと思っていまして、実際に去年の12月から近い数字を出すことができています。

 

食品という分野でも物販を実践しようと思った理由

僕が新規で食品分野という事業をやろうかと思ったかというと、つい先日大阪にコンサル行ったのですが、その夜の懇親会の席に僕の過去のコンサル生やその他の起業家が集まっていたんですね。

お会いすること自体が久しぶりの人もいたのですが、去年物販のみで年商1億達成したとか、あいかわらず利益率40%(もちろんすべての経費を含む)キープしているとか、そういった話を聞くたびに...

 

[su_animate type="bounce" duration="0.5"]

あらっく
物販でも負けられねえー
[/su_animate]

という気持ちが沸々と湧き上がってきまして、やはり物販でも常にスモールステップは必要だなと感じたわけ。

 

当然彼らも物販に対しての探求心というのは話を聞いていてもつきないので伸び続けていくのでしょう。

だけどまたそれが僕の原動力となりますし、お互い高めあう力になっていると思います。

 

単に考えるだけでは机上の空論になってしまうので、さっそく今まで手を出してこなかった分野の調査のために食品の展示会に参加したということ。

 

現状の新規の目標としては月商で2000万円!

これも机上の空論ではなくて、これからやるべきことを見据えた上での目に見える目標なので達成できると思っています。

 

まとめ

結果的に食品せどりを卸仕入れにもっていくということが物販へのモチベーションを上げることになったわけですが、それとは別にやはりこうやってコンサル生とも高めあう関係性はいいなと感じたんですね。

だから物販には当然力をいれるのですが、それ以上に教育にも力を入れていきたい。

 

なぜかって?

お互いに高め合える関係に将来的になり得るからです。

 

電脳せどりっていう分野で稼ごうと思っていると孤独になりがち。

しかし、こうやって起業家と集まることによって仲間であり、良い刺激を与え合うライバルにもなります。

 

それこそが僕が教育や指導をしている意味でもあるのかな。

いかに稼がせるための環境を作ることができるのか。

これからも考え続けていきますよ!

  • この記事を書いた人
あらっく

あらっく

現在労力型のせどりを脱して多販路にて無在庫販売(ドロップシップ)メインで月収50万円前後を自動化して稼ぎ続けています。 在庫を抱えていないので金銭的なリスクも低く、ツールと合わせたオリジナルのシステムの【PWS】を構築することでせどりでは難しいとされる物販の自動化にも成功しました。 少人数にてシステムを提供していますが、気になる方はまずお問い合わせください。

-電脳せどり仕入戦略
-,

Copyright© 脱せどり!労力から解放されても稼いで自由になれた元電脳せどらー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.