本、書籍を電脳せどりで仕入れる際のポイント

Pocket

本、書籍を電脳せどりで

仕入れる際のポイントについて解説していきます。

 

 

本、書籍の特価品(セール品)について

どのカテゴリーとも大きく異なるのが、

再販売価格維持というものがあって、

新品の本に関しては基本的に

定価販売しかできないというルールがあります。

 

 

逆に雑貨類や日用品などは

独占禁止法によって価格の拘束は

禁止されているので価格競争によって

どんどん値崩れしてしまうということなんです。

 

 

だからAmazon自体が在庫を持っている場合や

業者がAmazonで新品を定価販売していると

中古品のプレミア販売はできないと思った方がいいですね。

 

 

本、書籍のプレミア品について

本の場合、プレミア販売する場合は

基本的に新品がない状態でないといけません。

新品が定価で売られているのに

中古のそれ以上の価格で買おうと思わないですからね。

 

 

だから絶版しているような新品商品であれば

中古の価値が上がっていって

結果、プレミア販売になるということです。

 

そもそもの定価が安いのであれば

仕入れ値も安い可能性がありますし、

だからこそ利益率もどのカテゴリーより高くなりがちです。

 

 

ただ近年は電子書籍の普及もあって

当然本の売上が落ちていくと予想されていたと思うのですが、

まったくそんなことはないんです。

 

 

僕も自分に置き換えて考えると

漫画のコミックもそうですし、

啓発本なんかもそうですし、

気に入ったものは手元に置いておいて

本棚に並べておきたいというのがあります。

 

 

さらに電子書籍の場合は

スマホやタブレットが必要じゃないですか。

そうなるとバッテリーが切れたときだったり、

その書籍を購入したプラットフォームが無くなってしまったら

読めなくなる可能性もありますよね。

 

 

紙ベースの本であれば

正直読む場所を選ばないというのも大きいと思います。

あとはコレクター要素による満足感です。

 

 

だからこその需要があるということです。

ただし、どのカテゴリーよりも

膨大なタイトル数がありますので

中々価値のある商材を絞りづらいというのはあります。

だから一度価値のある商品を見つけては

そういったジャンルに価値があるのでは?

と考えて派生させるのがいいですね。

 

 

まとめ

本、書籍の独特のルールというのがありますから

中古というところだけに的を絞って

より多くの商品を横並べで

出品するというのが望ましいですね。

そして何よりも利益率の大きなもので

横展開するというのも忘れずにやってみてください。

>>おもちゃを電脳せどりで仕入れる際のポイント

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。