アカウントM&Aが成立して30万円で売却に成功

Pocket

せどりを続けていく上であり得るだろうなと思っていたことが形になったのですが、あるアカウントのM&Aが成立して30万円で売却に成功しました!

 

 

アカウント売却の経緯

ただ単純にせどりを続けていくだけではまずこの発想というのは出てこないと思うのですが、持て余しているアカウントがあったので何か有効活用できないかと考えていました。

 

 

それをそのまま事業として活用していくためには、当然今の自分の手だけでは足りないから外注化して仕組みを作って・・・

ということを最初から作るのは面倒くせ~がまず最初だったんですね。

 

 

僕が今作り上げた仕組みだけでもやはり結構な時間を要しているので、同じようなことを作り上げるのではなくてじゃあ現在育っているアカウントを他の人に有効活用してもらえればいいんじゃないかっていうことを思いつきました。

 

 

現状そのアカウントが自分の手元から無くなっても何の痛手もありません。

むしろ今ある事業の部分を太くした方が売上・利益ともに大きくなるだろうから、手っ取り早くお金を作る方法を考えたわけです。

 

 

僕が仕組みを最初から作るのが面倒だと思うのと同じように、絶対にアカウントを1から育てるのは面倒だって思う人はいるだろうなと。

 

 

アカウントを売却する方法とは?

まずは需要があるところを探さなければいけなかったのですが、ここから生きてくるのはリアルな人脈です。

 

 

こういう業界に興味がある人がいないかというところからはじまって、人を紹介していただいて実際に交渉をしていくことになります。

 

 

だけど情報が無い状態での交渉といっても無理があるから、そういったアカウントの価値というものを調べていって、そういった情報をネタにして結果、30万円という事業譲渡の形でアカウントを売却できたわけです。

 

 

アカウントの価値をどう調べていったかというと、アフィリエイトなんかでもブログM&Aが頻繁に行われているらしく、そういったM&Aサイトがあるんですね。

 

 

じゃあもしかしたらこういった物販系の売買も行われているのではないかということで調べていったら、やはり過去取引されているようでそこの金額帯が1つの参考になりました。

 

 

また、日本では事例が少なくても、海外だったらもっと頻繁に行われているのではないかということで、そういったサイトを見つけて参考にしました。

 

 

もちろんそういったものは価値の証明にできるので資料として提案して合意にいたったわけです。

 

 

まとめ

単純にせどりを続けていくだけでももちろん稼ぐことはできるのですが、ある段階まで来たらいろんなことを想定しつつ、そこからの派生で新たなことにチャレンジするのもおもしろいと思います。

 

 

当然失敗もあるとは思うのですが、今回僕がやったように1つの事業の可能性としてまた知識として蓄えられたわけです。

 

 

要は利益を上げつつアカウントを成長させて、事業譲渡という形で売却する。

 

 

利益を上げ続けるノウハウは持っているので、仮にまた1からスタートしてもまた同じことはできます。

 

 

結局何が言いたいのかということなんですが、やはり思い立ったことは行動して結果を見るべきだなということです。

それが成功するかなんて実際に動いてみないとわからないことなんで。

 

 

現在進行中の新たな事業があって、やっていることは物販系ではあるのですが、うまくいけば利益率50%以上も可能なのでとにかく行動して結果を残したいと思っています。

 

 

うまく形ができたときにはメルマガか、もしくは過去何かしら僕から購入してくれた人だけに限定公開しようかと思っています。

結果として残ればですけどね 笑

 

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。