せどり業界でよく聞く社畜って言葉について

Pocket

せどり業界やネットビジネス業界でよく聞く社畜って言葉について考えてみます。

 

 

社畜とは?

erA_Blackout / Pixabay

 

社畜(しゃちく)とは、主に日本で、勤めている会社に飼い慣らされてしまい自分の意思良心を放棄し奴隷(家畜)化したサラリーマン、OLの状態を揶揄したものである。「 会社+家畜」から来た造語で、「会社人間」や「企業戦士」などよりも外部から馬鹿にされる意味合いを持つ。

(Wikipediaより引用)

 

という感じであまり良い意味合いでの言葉ではないようですね。

 

 

僕自身会社員を経験しているわけですが、決して自分を社畜だなんて考えたことはなかったですし、むしろ職に就いているということが社会的信用だったり、今後安定して稼いでいけるという安心感を持っていました。

 

 

ちょっと悪い言い方をすると、一度会社に属してしまえば、自分自身が頑張って成果をあげなくても誰かが会社を維持してくれれば適当に仕事をしたっていいとさえ思っていました。

こういう思考になってしまうとまさにロボットです。

社畜と呼ばれても仕方がないでしょう。

 

 

遠くない未来、ロボットが台頭する時代が来た時にこういう思考の持ち主はきっと淘汰されていくのだろうなと思いますし、もはやそこに安定という言葉もありません。

 

 

そうやって仕事をやっているにも関わらず、社内で飲み会があれば漏らす愚痴、愚痴、愚痴・・・

ロボットのように働いているのに愚痴は出てくるし、同僚も同じように愚痴をこぼす始末で、当時社畜っていう言葉は知りませんでしたが、これじゃ会社の奴隷だなと考えるようになって僕の人生のおかれた状況もありますが、一度しかない自分の人生について考えることになったわけです。

 

 

でも社畜って言葉は嫌いです

geralt / Pixabay

 

僕は会社という組織からはみ出た人間になったわけですが、会社に属する人たちをすべて社畜って言葉でくくるのはどうかと思います。

 

 

独立して自由の身になった人の立場からすればサラリーマンが朝から満員電車に乗って、夜遅くまで汗水たらして働いてっていうのが社畜に見えるのかもしれませんが、その人の内情ってそれぞれで、ロボット的に文句を言いながら仕事をする人もいれば当然やっている仕事に責任を感じてそれに生きがいを感じている人もいるわけです。

 

 

僕の電脳せどりのクライアントもしかりで、専業でやっていくという人もいれば、あくまで小遣い稼ぎだったり、本業に加えてもう1本の柱を形成しておきたいという人もいるわけです。

 

 

だから僕は会社に属し続けるというのは決して悪いことではないと思っているから、社畜っていう言葉は使いたくないんですね。

むしろ本業があってそこに自信だったり、責任だったり、会社のためにっていう働き方ができるのは、安定っていう言葉が無かったとしてもそこにやりがいを感じているからできるんだろうなって。

 

 

まとめ

3dman_eu / Pixabay

 

会社に属しながら目指すのは専業ではなくてあくまで副業で、それでもせどりをやる理由というのは人それぞれだと思うのですが、こういう人たちはせどりをやる明確な理由があるような気がします。

 

 

すべての人がそうではないですが、ぽわーんとした感じでせどりで専業になれるんだろうなという考えより、副業でもこういった思考のクライアントの方が副業にも関わらず大きな実績を残している場合もあります。

 

 

結果、せどりで稼ぐことに専業や副業ってあまり関係はないかなと。

自分の人生においてより幸福感がある選択をすればいいだけではないかと思います。

まあ、急な事情によりせどりの専業になったとしてもなんとかなるといえばなんとかなりますが(笑)

 

 

せどりという業界に踏み込んで、少しでも稼ごうと思う意識の中に強いものにでも立ち向かっていく孫悟空的なワクワク感も同時に感じてもらえれば楽しくできるのではないかなとも思います。

 

 

専業でも副業でも取り組みやすいのはやはり電脳せどりです。

自宅で完結できるのはやはりそれだけでかなりの強みだと思います。

1月23日(月)に企画を発表しますが、まさに専業でも副業でも取り組める内容だと思いますので、発表まで今しばらくお待ちください!

 

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。