せどりで稼ぐためのスモールステップとは?

Pocket

せどりで稼ぐためのスモールステップとは?

ということについて解説をしていきます。

 

 

スモールステップの意味

単純に訳すと小さな歩みという意味ですが、

これをせどりに組み込んで

スモールステップ式電脳せどり

というラボ(研究所)として現在活動しています。

 

 

階段を想像してほしいのですが、

自分が上がれないような大きな1段があって

無理に上がろうとするとつまづいてしまう、

そして小さな頃のあるある話でもあるのですが、

段飛ばしで階段を駆け上がってつまづいたり、

という感じで自分にとって無理なことをやろうとすると

つまづくわけなんですね。

 

 

これをせどりに置き換えてみてください。

わけもわからない人が

いきなり月商100万円稼いでいる人と同じことをやると・・・

・そもそもリサーチができない

・仕入れが思うようにできない

・発送をどうやるのかわからない

・ツールの活用法方がわからない

・市場が求めているものがわからない

・現金が手元に残っていない

・トラブルに対処できない

など少し考えるだけでも

つまづく要素がかなりでてくるわけです。

 

 

こうなると結局は

せどりは稼げないんだな・・・

という感じで業界から

撤退することになりかねないということです。

 

 

だから高みは目指すことはもちろんいいことなんですが、

そこに到達するための裏技だったり、

最終目的地で稼いでいる人とまったく同じことを

やる必要というのはなくて、

目の前にある小さな階段を1つずつ上って

徐々に高みを目指しましょうということが言いたいわけです。

 

 

スモールステップ式電脳せどり

僕がそうなんですが、

スモールステップ式電脳せどりを実践することで

才能が無くても着実に上がっていけるんだな

ということを実感しています。

 

 

そりゃそうです。

自分に無理をかけずに

目の前にある目標を

クリアして行っているだけですからね。

 

 

これは初心者だからとか、

経験者だからとかは関係なくて

最終地点は同じだったとしても

目の前にある目標というのは

人それぞれのはずなので

そこをまずは無理のない計画で

設定することが大事です。

 

 

まとめ

今こんな感じで話をしていますが、

僕もせどりをはじめた当初は

月商500万円なんて

夢のような話だと思っていました。

 

 

だけど目の前に小さな課題を作って

それをクリアして行っただけで

いつの間にか月商500万円以上は

稼げるところまで来てしまったというところがあります。

 

 

その小さな課題も

自分にとって無理のない課題というのが大切で

あくまでクリアして上っていけるものを設定しましょう。

>>せどりで成功するための3つの法則

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。