電脳せどりで効率よく稼ぐためのたった1つの基本

Pocket

電脳せどりで効率よく稼ぐための

たった1つの基本について解説します。

 

 

電脳せどりをルーティン化する

僕の中で電脳せどりを最も効率化するとして

基本的に行きつく先は

作業のルーティン化

になります。

 

 

どういうことかというと、

僕がそうだったんですが、

電脳せどりに限らず

せどり全般は簡単に稼げ過ぎるイメージがあって

大金を手にしているという想像だけが先行して

いざ始めてみると・・・

作業が大変!!

って思ったことありませんか?

 

 

実際せどりは仕入れにフォーカスされているので

地味な作業、

いわゆる検品だったり、梱包だったり、

発送だったりという裏方作業的なことは

見過ごされがちなんですね。

 

 

でも実はそれこそが、

やたら時間のかかる作業だったり、

これも僕の実体験なんですが、

FBAに送るためのシールがなんだか違うぞとか、

先に梱包してしまったダンボールに

違う商品を入れてしまったとか、

発送をそもそも間違えてしまったとか、

ミスがさらなる時間を使ってしまう

なんてことがよくありました。

 

 

だから仕入れはできるけど

この裏方作業が嫌で

せどりを辞めたくなるなんてことも

あったほどです。本当にそうなんです。

 

 

それでも稼ぐために必死だから

嫌々ながらも作業を続けていたわけなんですが、

嫌な作業も日々やっていると

楽しい!とは決して思いませんが、

淡々と作業をこなしているだけの

まさしくルーティン化になっていることに気づいたんです。

 

 

慣れてくると

自然と作業スピードも早くなってきて

ミスもしなくなって

結果的にそれが効率化になっているという、

まさにたった1つの基本となるわけです。

 

 

せどりをやり始めであるなら

中々理解はできないでしょうが、

言ってみれば電脳せどりのリサーチにしてもそうです。

 

 

これも実例をもとにお話ししますね。

今では手に電脳せどりダコみたいな

マウス操作するときにできたアザみたいのがあるのですが、

これもリサーチを淡々とやり続けて

ルーティン化した結果なんです。

 

 

そもそものお話し、

今でもキーボード操作は得意ではなくて

小指や薬指をほぼ使わずに

キーボードを叩いています(笑)

 

 

それほどのパソコン音痴だったにもかかわらず、

今では1度リサーチをはじめると

ヤフオクであれば落札数十件というのは

珍しくありません。

 

 

だけどリサーチに使っている時間は

わずか1時間程度なんです。

 

 

要はリサーチも慣れないことばかりだから

最初は中々商品が見つからずに

焦ったり、嫌になって辞めたくなるんですが、

これも日々繰り返し行うだけで

リサーチ力はもちろん、

リサーチのスピードも上がるし、

覚えたくもないフィギュアの情報も

自然と頭に入ってきます(笑)

いわゆる目利きというやつですかね。

 

 

せどりをルーティン化することの恩恵

せどりをルーティン化すると

それだけで効率化に繋がるというのは

なんとなく理解できたかなと思うのですが、

それ以上の恩恵ももちろんあります。

 

 

それがさらなる効率化です。

ルーティン化=だれでもできる作業

であるなら、それって

ロボットにやらせることだってできるわけじゃないですか。

 

 

だったら実際にロボットに

働いてもらえればいいのですが、

まだ個人で持てるような

そんなハイテクなロボットはないですよね。

だからここででてくるのが外注なんです!

 

 

実際に自身がだれでもできるよな、

って思えるような作業であるなら

それをマニュアル化して

人にやってもらえれば

自分は例えば仕入れだけに専念することも可能です。

 

 

1人で何もかもこなしてしまうと

時間や自由を手に入れようと思っていることでも

結局時間が無くなってしまって

=自由では無くなってしまっては本末転倒です。

 

 

こういった理由もあって

1人でこなしてしまうと

リサーチから最終的な、

一番大事な現金化の部分が

それだけ遅くなってしまうんですよね。

 

 

そうするとキャッシュフローが悪化してしまい、

仕入れ原価に対しての利益は出ているのに

現金が追い付かず黒字倒産

ってことにもなりかねないわけです。

 

 

何よりも大切なのは

やはり現金なので

時間的余裕とキャッシュフローの改善のためにも

多少利益を落としてでも

外注化はお勧めします。

 

 

そのために自分がやっていることの

ルーティン化というのも大切になってくるんです。

 

 

まとめ

いろいろ書いていますが、

あきらめずに作業し続ければ

いつの間にかルーティン化はできているはずなので

それを自分でやり続けるか、

それとも人に任せて

自分は違う作業に没頭するか、

さらに電脳せどりを伸ばすための

次の行動を移すか、

というところだと思います。

 

 

1人でやっていると

結果的に時間の余裕が無くなってくるので

売上も頭打ちになりやすいですし、

事業として、

また利益も大きくしていくときは

外注を投入して組織にすることは

必須ではないかと思っています。

電脳せどりで差が出る理由はボトルネックにあり >>

 

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。