電脳せどりをやることに危機感はないのか?

Pocket

電脳せどりをやることに

危機感はないのか?

 

 

電脳せどりをやる上での危機とは?

電脳せどりをやることの危機とは

副業でやっていたとしても

専業でやっていたとしても

それぞれに対しての考えられる危機はあります。

 

ヤフオクが無くなってしまう

ネットショップから出入り禁止になってしまう

Amazonが無くなってしまう

アカウントが停止になってしまう

規約が変わって出品ができなくなる

売上が少なくてやばい

副業が会社にばれてしまう

・・・他多数

 

考えられる危機というのは

たくさんあるのですが、

目の前にあるステップをクリアする前に

考える必要というのは全くないです。

 

 

そもそもそのステップに挑戦している内は

危機感を考える余裕はないと思います。

 

 

だけど、

ステップを1つクリアしていくたびに

作業や収入が落ち着いてくる

タイミングというのは出てくると思うので、

そのタイミングで自身の危機感を

少しだけ考えてもらいたいです。

 

 

なぜ電脳せどりで危機感を考える必要があるのか?

ステップ(目標)をクリアして

そこで落ち着いてしまうと

要はそのラインが自分にとっての

電脳せどりに対する天井になってしまう可能性があります。

 

 

その作業量だったり、

使える時間というのは人それぞれなので

そこで満足できるのであれば

それでも良いとは思うのですが、

せっかく電脳せどりをはじめた以上は

次のステップを考えたいじゃないですか?

 

 

その時に自身が考える危機を

想定すると次の課題であったり、

ステップ(目標)が見てくると思います。

 

 

危機を言葉にして書き出すと

すごくマイナスイメージなので

考えること自体どうなのかなと思うかもしれませんが、

危機を想定するというのは

何もマイナスイメージではなくて

むしろ次に生きてくるものなんです。

 

 

そのマイナスイメージを払拭するための

改善案を考えるから

歩みを止めているわけではなくて

その時点で次へのステップに足をかけているわけです。

まさに危機感を生かす

という行動をとって

マイナスをプラスのエネルギーにしているんです。

 

 

そのマイナスイメージっていうのは

上っているステップの大きさが違うから

人によって変わってきますよね。

 

 

例えば、

せどりをやり始めてもいない状態で

せどりって飽和するのでは・・・

ってことを考える必要ってあります?

ってことなんです。

 

 

別にこれっていうのは

せどりを実際にやってみて

ある程度稼いでからの危機感でいいと思うんですよ。

 

 

現状まだまだせどりの飽和がないのであれば

せどりで●●万円稼ぐというステップを設けて、

それをクリアしたときに

飽和の可能性を考えて

じゃあ、その可能性も否定できないから

物販という枠を広げて

メーカーから仕入れをするという

昔からあるごく普通の小売業とか、

新たなステップを設けてもいいのではないかと思います。

 

 

まとめ

同じように例えば

ヤフオクが無くなってしまうとか、

ネットショップから出入り禁止になる、

などの電脳せどりの仕入れに対する

危機感あるあるですが、

現状それができていて

それで稼げていて満足しているならいいと思います。

 

 

そこに対して満足がないのであれば

じゃあ実際にそうなったことを想定して

次の改善案を探すと

次にやるべきことっていうのは

おのずと見えてくるはずです。

 

 

無理をして考えるのではなくて

僕の考えはあくまでスモールステップです。

自分のペースでいいんです。

 

 

うさぎとカメの例ではないですが、

早さが違っても最終的なゴールにたどり着くのは

実はスモールステップ、

要は歩みを止めずに着実に

先に向かっている方が

実はゴールに近いっていうことが

あるのではないかなと思っていますし、

そのために僕自身、

やはり満足することなく少しづつでいいから

成長していくことこそが

知らないうちに築けていけるものが

あるのではないかと考えています。

せどりは転売?悪?いや物販のプロフェッショナルである >>

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。