せどりで成功するために作る計画表

Pocket

せどりで成功するためには

やはり計画表は作っておいた方がいいです。

その理由について解説していきます。

 

 

せどりを継続させるために無理はしない

計画表を作る上で、

根本的に言っておかなくてはならないことがあります。

それは無理は絶対にしないということ。

 

 

自分の実力以上に無理をしてしまうような

計画表を作成してしまうと

その計画を達成できなかったときに

できない自分をおそらく責めてしまうんですね。

 

 

できない自分に腹が立つこともあるでしょうし、

何よりも不甲斐なさというものを感じてしまって

やってやるぞ!前向きに作成した計画表なのに

モチベーションダウンに繋がってしまう

ことになりかねないということなんです。

 

 

継続するためのスモールステップ

モチベーションダウンに繋がってしまう

計画表を作る意味はあるのか、

ということなんですが、

逆にその計画を達成できたときには

ものすごいモチベーションアップに繋がるんですね。

 

 

だからその計画や目標をクリアするために

無理のない計画表を作るわけです。

これがいわゆる

スモールステップ式電脳せどり

というわけです。

 

 

だから計画は何も1つでなくてもいいということです。

その都度、無理のかからない計画を作って

クリアして、また計画表を作るという繰り返しです。

その中で失敗もあるでしょうが、

>>せどりの失敗は価値であるということ

でもお伝えしているとおり、

失敗自体に経験としての価値があるため、

踏み台としてまた目の前の目標をクリアしていけばいいんです。

 

 

やる過程の中での失敗はいいんですが、

無理な計画による目標を達成できない方が

良くないと思います。

 

 

無理のない計画の設定は

難しいとは思うのですが、

階段をイメージしてもらって

段飛ばしで上らない程度のものを作成しましょう。

 

 

例えば1ヵ月後の目標が月収10万円なら

利益率から逆算して

15日までに○○円分の仕入れを行う、

日割りをして1日○○円分の仕入れを行う、

そのために1日○時間の確保、

休日には発送を含めて○時間確保、

仕入れた商品の○○%の消化率を予想、

といった具合に具体的に計画表を作った方がいいです。

 

 

作ってみて無理がきそうだなと感じたら

訂正すればいいだけです。

これをひたすら繰り返して

とにかくスモールステップしていくのが

最終的に稼ぎを爆発させるはずです。

 

 

まずは簡単なものから

練習がてらやってみてください。

>>せどりで稼ぐのは幻想?現実は甘くない

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。