せどりで楽をするためにはまず外注を募集しよう!

Pocket

せどりで将来的に楽をするためには

自分がやらなくてもいい作業を

人にやってもらうという、

要は外注募集することをしなくてはなりません。

 

 

せどりをやっていくうちに

これは自分でやらなくても

誰でもできるんじゃないのっていう

作業は必ずでてきます。

 

 

そんな作業に限って

やたら時間がかかったり、

面倒だったりしませんか?

 

 

よくあるのが出品、発送、梱包なんですが、

ここに時間を費やすくらいなら

リサーチに時間を費やすことができれば

もっと稼ぎも大きくなると思いますよね。

 

 

実際、副業でやるにしても

本業でやるにしても

これらのルーティン作業を外注化できれば

時間を有効に使いつつ、

稼ぎも大きくなっていきます。

 

 

しかしいざ外注を思い立っても

外注をどうやって募集したらいいのかわからずに

結局いわゆる代行業者のお世話になるということも

珍しくないと思いますが、

僕は業者に任せるということはあまりお勧めしません。

 

 

1点あたりの代行費用が安く感じられるかもしれませんが、

それは単純に単価がジュース代ぐらいなものなので

というところがあるでしょう。

 

 

だけど利益額が大きいものならいいですが、

何百円の利益に対して何百円の代行料をとられると

一気に利益率だって下がることになりかねません。

 

 

じゃあどうしろって言うんだよ

ってことですよね?

 

 

ちなみに僕は現在外注サイトで見つけた方には

FBA納品1点につき、

おおよそですが、

30円ぐらいでやってもらっています。

 

 

いろんな条件はありますが、

一応荷受、出品、発送、ラベル貼り、梱包までやってもらっての

30円です!

 

 

Amazonがやっているラベル貼りの代行料でさえ、

1点あたり19円、大きなものになると43円もとられます。

僕は大きさに限らず30円といったところです。

梱包材や送料はもちろん自己負担ですが、

それでも安いと思いませんか?

 

 

では本題になりますが、

こういった形で安く作業をやってもらうには

やはり外注サイトで自分で募集して

自分のやってほしい作業に対して

その人を育てるというのが一番早いです。

 

 

さらに言うと自分との近い距離で話ができる人、

要は地元で採用するということです。

これはどういうメリットがあるかというと

対面でがっつり話をした上で

自分の作業を見せながら理解を

してもらえるというのが非常に大きいです。

 

 

そしたら簡単な作業なので

逆に30円もらってもいいの?

っていうことにも本当になりえるんですね。

せどりを知らない人にとっては

案外割りの良いアルバイトってことなんですよ。

 

 

だからあとはこれらを募集文章に載せて

実際に募集するだけです。

僕がよく利用しているサイトは以下のとおりです。

 

こういったサイトで地元募集の旨と

簡単な作業内容を書いておくと

それを見た人がとりあえず声をかけてくるので

文章ベースでいろいろ実際に話をしてみてください。

 

 

やってみると案外こんなもんかー

という感じで全然難しくないので

行動したもの勝ちということで

ぜひやってみてください。

古物商とは?PL保険とは?電脳せどりの盾を装備するということ >>

 

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。