Amazon(アマゾン)に実際に出店する

Pocket

電脳せどりで稼ぐための準備として

Amazon(アマゾン)に出店する方法を

解説していきます。

 

 

 

Amazonを出店先として選択する理由は

新規として参入した後発組でも

大きく売上を上げているライバルとまともに戦えるということ、

そしてヤフオクのように新規で商品を登録する必要が無く、

現在ある出品ページに相乗りして出品できるので簡単、

という理由があります。

 

 

では実際にAmazonに出店していきます。

Amazonトップページから最下部にあるAmazonで出品をクリック。

2015-11-20_210903

 

大口出品と小口出品がありますが、

大口出品の場合、月額で4,900円という出店料を払う代わりに

基本成約料の1点100円というのがかかりません。

ということは月間で49点以上販売すれば大口出品の方が

お得になるということなので継続して販売を計画するなら

断然大口出品がお勧めです。

 

 

ここからは特に迷うことはありません。

こちらで説明した準備したものを元に↓

>>せどりで稼ぐために必要なものを準備する

表示される手順にしたがって必要な情報を入力していきます。

 

 

・・・さて出店の準備はうまくできましたか?

では次に考えることが

自己発送を選択した出品をするのか、

FBA(フルフィルメント by Amazon)

を選択して販売していくのか、

ということなんですが、

僕の見解は自己発送をとりあえず体験してみたほうがいいというのが

本音ではありますが、

在庫の保管場所や配送など時間的な手間(ルーティンワーク)、

他のライバルと最初から戦っていくためには

FBAを選択するのが絶対です!

 

 

FBAについて少し解説しますが、Amazonが自分に代わって

倉庫管理、入金確認、発送管理、お客様対応など

行ってくれるサービスです。

 

 

これだけ聞くとやらない選択肢はないのでは?

と思ってしまうのですが、もちろんデメリットもあります。

 

  • 在庫保管手数料がかかってきます。
  • 配送代行手数料がかかってきます。

 

これが案外馬鹿にできない手数料になってくるのですが、

そのデメリットすらデメリットと思えないような恩恵があって

考え方として手数料を払う代わりに

面倒な作業を自動化しているということなんですね。

詳しい料金体系や登録については下記に掲載されています。

FBAサービスについて

 

 

特に副業でせどりをはじめると

発送や在庫管理などルーティンワークで時間をとられて

肉体労働になってしまっては辞めてしまおう・・・

という意識に刈られかねません。

 

 

このシステムを例えるなら

自動販売機がしっくりきます。

自動販売機に在庫を補充しておけば

あなたがやることは売上金を回収するだけになるということなんです!

 

 

発送に関してもAmazonがやるということは、

Amazonで買い物をしたことがあるならわかると思いますが、

早ければ当日、遅くても翌日には商品が届いてしまう

というサービスをFBAを利用することで

あなたができてしまうということなんですよね。

 

 

そういったルーティン作業が軽減されるので

仕入れに専念できるようになるということです!

仕入れたものを指定のAmazon倉庫に送らなければなりませんが

送ってしまえばチャリン♪チャリン♪

と自動販売機にお金が投入されるがごとく

売れたメールを眺めていればいいだけです。

 

 

Amazonでの出品アカウントが取得できましたら

FBAの導入方法まで把握しておきましょう。

次回は実際納品について掘り下げて解説します。

>>Gmail(ジーメール)を取得してせどりに備える

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。