電脳せどりだけでも仕入れ方法に種類がある!?

Pocket

どんなビジネスでも多種多様に業種があると思いますが、

せどりだけでもいろんなジャンルがありますよね。

本から始まりCD、DVD、ゲーム、家電などなど。

 

 

仕入れ方法だけに特化すると店舗せどりと電脳せどりですよね。

さらに電脳せどりの仕入れ方というか、

基本リサーチがキモになるのはご承知だと思いますが、

その探し始めのきっかけとなる方法が2通りあります。

 

 

わかります?

定番中の定番なのですが、1つはアマゾンのホームページに行き、

アマゾンの在庫切れ商品を探し出し、

ネットショップやヤフオクなどのオークションサイトで仕入れて販売する方法。

 

 

2つ目はアマゾンのサイトでは確認せずに

最初からネットショップやヤフオクなどのオークションサイトの

検索窓を利用して稼げそうな商品を探し出す方法です。

 

 

一概にどちらのほうが稼げるというのはないので

実際に両方試してもらいたいのですが、

要は予め稼げそうなタイトルを調べたうえで

サクッと仕入れようとしているのか、

そうではなくタイトルを気にせずに

広く探して仕入れようとするのかの違いだと思います。

 

 

これを聞くと稼げそうな商品をはじめからわかっていたほうが

良いに決まっているじゃないかと思われそうですが、

アマゾン在庫切れのタイトルが先にわかったとしても

それを仕入れることができるかはわからないから、

最初にリサーチしていた時間が無駄になる可能性がありますよね。

 

 

しかも1商品稼げるものが見つかったとして

仕入れる対象商品は1商品です。

 

 

逆に広い範囲でショップやヤフオクから稼げる商品を

探すということは思いもよらない商品と巡り合う可能性がある上に

複数仕入れる可能性だってあります。

 

 

ただリサーチする手間が多いというデメリットもあります。

だからどちらか片方だけの方法をやるっていうのは正直もったいないです。

一長一短あるのでお互い補ってミックスしない手はないですよね。

 

 

だけどどちらか手間が省けるとしたらそれに越したことはないです。

私なんて両方の手間をなんとか省けないかと考えていますからね。

在庫切れを探し出してくれるツールはたくさんあるのですが、

どちらかというとヤフオクを攻略してくれるツールがほしい今日この頃です。

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA