せどりのセット販売についてもっと初歩的に考えてみた

Pocket

せどりのセット販売について

もう少し初歩的に簡単に考えてみました。

 

 

せどりのセット販売での

優位性について記事にしていましたが、↓

 

こういった内容というのは

もはや戦略的な部分なので

もう少しわかりやすく、

自分のためにも初歩的に改めて考えてみました。

 

 

まずどういった商品を

セット販売していくのかということですが、

セット販売できそうな商品だったら

何でもいいというところがあります。

 

 

例えばAmazonでセット商品を

検索するだけでも結構出てきます。

2016-02-21_155741

 

最初に思いつくのは大抵

漫画コミックのセットだったりするのですが、

これだけでも本当にたくさんあります。

 

 

店舗でも電脳でもいいんですが、

単品商品をかき集めてセットにしたり、

セットの商品をまたセット転売したりするんですが、

ちょっと手間だと思う作業で

利益率が大きくなったりします。

 

 

コミックなんかだとFBAに送る際には

どうやって納品すればいいのかということですが、

ブックオフなんかでセット売りしている商品が

一番参考になりますね。

 

 

僕はセット商品を何でもとにかく

ストレッチフィルムにくるんで

その上からFBAのシールを貼って

納品するということだけやっています。

 

 

ストレッチフィルムとはこんなものです↓

 

この梱包材は本当に万能で

サランラップの大きいバージョンっていう感じなんですが、

本だけではなくて、

それこそゲームだったり、家電品だったり、

何か付属品があってそれを同梱の形で

FBA納品する際には必需品ですね。

 

 

納品時にはこうやってセット納品をするわけですが、

どんなジャンルにもセット販売の商材があるのですから

セット販売できる商品に必ず需要があるということを

よく考えてもらいたいです。

 

 

売るべき商品がわからないなら

セットにしてもらいたい商品てなんだろうと

考えるのも1つです。

 

・DVDとかなら続編のある作品

・CDなら学習系のセット品

・家電だったら付属品のあるもの

・ゲームだったら特典

・消耗品のまとめ売り

 

 

考えるだけでたくさんでてきますよね。

せどりというのはそこに需要があるから

儲かる商品がでてくるというものなので

セット販売も1つの供給の方法です。

 

 

梱包等を含めて決して難しいことではなくて

そこに供給者がいないのであれば

やはりそこはブルーオーシャンなので

それをやれば稼げるということなんですよ。

 

 

利益率が上がらないと悩んでいるなら

重要があるのに供給量が少ないというところ、

例えばこのようにセット販売ってところに

特化してもいいのではないかと思います。

ではまた。

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。