せどりとは?ということについて解説してみる

Pocket

これから数回に渡って

電脳せどりで稼ぐためのステップとして

改めてせどりというものについて考えていこうと思います。

 

 

そもそもせどりとは?

せどり(競取り、糶取り)とは、

『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。

また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)』

を指すが、一般的には古本用語を元にした

「掘り出し物を転売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉。

Wikipediaより引用

 

字のごとく、

競って商品を奪い合うということらしいです。

まさにBOOKOFFでの中古本せどりがいい例です。

市場価値が高い商品をBOOKOFFで

探して、見つけて、販売するという流れですね。

 

 

確かに僕がせどりをやり始めた当初も

本せどりが主流でしたが、

今となっては売れるものであれば何でも仕入れて

売っているというのがせどりの基礎となっています。

 

 

CD、DVD、ゲーム、おもちゃ、フィギュア、家電、楽器・・・

など幅広いジャンルがあります。

さらに中古品だけでなく、

新品や高価なもの、

仕入先が中国や欧米といった海外、

逆に日本で仕入れた商品を海外へという風に

せどりというものへの可能性や価値が

高まっていると言えます。

 

 

通常は定価、もしくは定価より安い価格で

販売するのが物販のセオリーですが、

需要と供給のバランスが崩れて

市場価値を知らない販売者(業者)が

そのまま定価で販売していると

我々のような所謂せどらーがそれを買って

今の市場価値で販売するという仕組みです。

 

 

転売という言葉が当てはまります。

ニュースでも、どちらかというと嫌なイメージで

転売という言葉が使われるようになりましたが、

厳密に言うと世の中の物販というのは

メーカー直販がほとんどないので

普通に小売業を営んでいる人は

みんな転売をしているということになると思うのですが・・・

 

 

まあ簡単に簡潔に言うと

安く商品を買って高く売る

という普通のことをやっています。

 

 

そしてさらに販売先として

個人でも法人でも誰でも気軽に販売できる

ヤフオクやアマゾンといった

すでに人が集まっているプラットフォームを使うことによって

初心者でも簡単に取り組むことが可能です。

 

 

仕入れから販売までの簡単な仕組みが

すでに出来上がっているので

例えば本業の隙間時間や

本格的な副業としても稼ぎやすいのがせどりになります。

 

 

販売して時間がかからずに手元に現金として返ってくるので

稼いでいるという実感が感じやすいのも特徴ですね。

まずはせどりがどういったものかを理解して

次に進んでいってもらえたらと思います。

>>せどりのメリット・デメリットについて改めて考える

 

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。