せどりのメリット・デメリットについて改めて考える

Pocket

電脳せどりで稼ぐための準備として

今回はせどりのメリット・デメリットについて

いろいろと解説していきます。

 

せどりのメリットとは

下記のリンクでも解説しているのですが↓

>>せどりとは?ということについて解説してみる

 

 

仕入れから販売までの流れが単純かつ

自分で集客する必要がまったくないので

初心者はもちろん、片手間の副業でも

十分な利益をだすことが可能になります。

 

 

さらに本格的な物販とは違って

自分の持っている資金と照らし合わせたジャンルを選択することで

小資金でもはじめることが可能です。

例えばBOOKOFFにある中古本が100円でありますよね?

その中で市場価格が高い商品を仕入れて販売するということです。

100円で仕入れたものが5,000円で売れた!とかそんな感じです。

 

 

備品に関しても必要最低限の梱包材とパソコンがあれば

問題なくはじめられます。

 

 

そして安い商品を見つけては販売していくという

シンプルな構造が故に日々の作業に慣れてきた頃には

成果がでているという、不思議な感じになります。

 

 

私自身、せどりを始めた頃は

インターネットを介した物販をすることが初めてだったので

「本当に売れるのだろうか」

「在庫だけ残ったらどうしよう」

といった感じでかなりドキドキしながらやっていたもんですが、

日々作業をやっているだけで本当に成果がでていました。

 

 

自分のペースでできるというのも強みです。

要は本業が終わった後、休みの時に

仕入れのためのリサーチをしたり、

商品を発送したりといった具合に無理なくできます。

 

 

 

せどりのデメリットとは

メリットがデメリットとなって跳ね返ってくるのですが、

初心者でも副業でもできるので異常なほど

参入障壁が低いためにライバルが多くなります。

 

 

ライバルが多いとどのようなことが起こるのかということなんですが、

同じ商品を扱ってしまうと売りたいがために

単純に価格を下げる=価格競争になってしまうということです。

特に初心者は早く商品を売りたいのでどんどん価格下げてしまうわけです。

こうしてしまうと

「あれ?全然利益が取れていないや、じゃあ辞めよ」

というふうになってしまいます。

 

 

だから参入障壁が低く、新規で出品者は増えているのだけれど

同じく稼げないで辞めていく人も多いのが現状です。

そうならないように、より安く仕入れられるルートや

自分の得意分野を見つけて適正価格で販売することが

なによりの差別化になり、長く稼ぐための秘訣です。

 

 

もっともデメリットと感じるのが

店舗を回るせどりでよくある

肉体労働になりがちということです。

やればやっただけ稼げる可能性があるせどりですが

商品が見つからなければ徒労に終わる可能性すらあります。

商品が仕入れられなければもちろん収入は無くなります。

ということは常に商品を仕入れなければならないという

プレッシャーも少なからずあるわけです。

 

 

これらデメリットさえもやっていて

稼げる商品が見つかったときの感覚が忘れられずに

おもしろいと感じれば適職だと思いますが、

やはり少しでも稼げる感覚を持ちながらも

効率化したほうが楽しくせどりはできると思います。

 

 

 

以上せどりのメリット・デメリットを解説しましたが、

簡単に副業でもはじめられるということは

メリットとしてはかなり大きいので

何事もまずは行動してみるというのが一番ではないでしょうか。

>>せどりで稼ぐために必要なものを準備する

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。