せどりにおける送料節約は後納契約で!

Pocket

電脳せどり、店舗せどりにかかわらず、

インターネット物販をしているとネックになってくるのが

送料ですよね。

 

僕が今やっている物販を細分化すると

電脳せどり、予約転売、メーカー卸仕入、ヤフオク販売、楽天販売、EBAY輸出

になります。

 

 

いずれもなんですが、

FBAに入庫するにしても

お客様に直接発送するにしても

送料は必ず発生します。

 

 

やっているとわかるのですが、

送料って案外馬鹿にできません。

送料を抑えるだけで利益率が上がったりします。

 

 

じゃあこの送料をどうやって節約するのかというと

後納契約です!

 

 

下記のページでも後納契約については解説しているので参考にしてみてください↓

アマゾンとヤフオクで併売して在庫リスクを軽減させる

ゆうパック後納契約(特約)について

 

契約っていうと聞こえが難しいそうなイメージになってしまうのですが、

そもそも僕が契約しているのは

ゆうパックとゆうパケットと海外発送分で、

どれも個人のときに契約しました。

 

 

郵便局の営業窓口に電話して

あらっく「発送数がたくさんあるので後納契約したいんですが・・・」

営業「わかりました、すぐにお話を聞きに伺います!」

っていう感じでとんとんとんと話が進んでいきました。

 

 

あとは発送数と営業マンの手腕によるところもありますが、

どれくらいの発送数から割引があるのか聞いてみたり、

未確定部分が多いけどだいたい○○ぐらいは発送できると

カマをかけて交渉してもいいと思います。

まず契約が結べないということはありません。

 

 

ガンガンFBAを利用して発送しているっていうなら

後納契約は必ず結んでおきましょう。

後納というだけに支払いも翌月になりますから

キャッシュフローを考えても結ばないという理由はありません。

 

 

1年ごとに料金の見直しがあるみたいなんですが、

外注を使い出してから発送数量が極端に減っているにもかかわらず

いまだに同じ料金でやってもらっています。

上場したというわりに結構いいかげんですね。

まあ助かっているのであまり強くは言いません(笑)

 

 

もちろん郵便局にかかわらず、

ヤマトや佐川など他の運送会社もありますから

日頃から仲良くしておいて

ドライバーと軽く

「後納契約したらどれくらいの送料になるの?」

っていう感じで聞いてみたらいいかもしれませんね。

 

 

物販もそうなんですが、

人対人っていう繋がりは必ずあるので

たまにはドライバーさんと世間話でもしてみてください。

 

 

いろんなドライバーさんが家に来ますけど

 

犬好き、子供○人のお父さん、

見た目は高校生ぐらいのお姉さんが子持ちだった、

とかいろいろ判明しています(笑)

 

 

不在通知が入っていて

こちらが連絡すると

「あ、どーも、先に回りますよー」

っていう感じで配慮してくれるようになったりもしますので

後納契約と合わせてコミュニケーションはとるようにしてください。

ではでは。

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。