電脳せどりで稼ぐための管理表作成の重要性

Pocket

電脳せどりで稼ぐための準備として

管理表作成の重要性について解説します。

 

 

せどりで儲かっているのかの指標

せどりはその参入障壁の低さから

本当に誰でもはじめられてしまいます。

そのため、安易に参入すると

収支の管理も甘くなりがちです。

 

 

>>電脳せどりで稼ぐための健全なキャッシュフローとは?

↑でもいかに管理が重要であって

それが儲かっているかの指標に

なっているかの説明をしていますが、

管理する上で必要なのは

管理表がないと何もはじまりません。

頭でわかっているだけでは駄目だということです。

 

 

それはそうですよね。

頭だけですべての商品情報、

仕入れ価格やその在庫数だったり

管理できる人なんていないでしょう。

 

 

管理表自体は

関数入力で計算できる

エクセルやスプレッドシートがいいでしょう。

 

 

せどり管理表でどういった項目が必要?

僕はせどりをはじめた当初から

もちろん管理表を作成していたのですが、

やっていく内に、

より詳細に管理をしたいと思い、

常に管理表自体をアップデートしてきました。

 

 

最終的に最低でも

下記のものがあれば十分管理はできるはずです。

●商品個々の仕入れ明細

●仕入れた商品の売上明細

●月別の売上とその原価(利益)

月別在庫数(消化率)

●月別累計収支

 

 

 

仕入れ明細は

実際に仕入れをした時の

個々の日にちと金額ですね。

 

 

売上明細はその仕入れた商品に対しての

経費を抜いた売上ですね。

これで商品個々の利益と利益率も算出できます。

 

 

月別の売上とその原価は

明細から月ごとの合計を

引っ張りだせばいいだけです。

 

 

在庫数の管理がおそらく一番難しいのですが、

月別の管理シートがあるとして、

その月に仕入れた商品が

当月と当月以外に売れている日々の状況によって

数字が変化していくということです。

これによって現時点で見た消化率もわかってきます。

 

 

月別の累計収支は

単純な数式でいいですね。

こちらはおそらく月によって

かなりのばらつきがでるのではないでしょうか?

仕入れに影響がでやすい部分ですね。

うまく仕入れができて、

予想以上に仕入れ金額が大きくなりすぎた場合、

当月でみると赤字だけど

次月大きく黒字転化などありえると思います。

 

 

まとめ

管理表をしっかりと記録するだけで

せどりでは稼ぐことができると思っています。

それほどキャッシュフローは重要で、

そのための管理表作成が重要

あるということなんです!

 

 

エクセルについて詳しければ

それにこしたことはありませんが、

僕は本当に事務的なことができなくて

エクセルも簡単な数式しかわからなかったですが、

やはりこのご時世、

わからないことがあれば

検索してすぐにでてきます。

 

 

自分の管理しやすいように

カスタマイズするのが

せどりで稼ぐための管理表作成としては

一番いいのではないでしょうか。

>>店舗せどりと電脳せどりの違いについて

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。