FBA(フルフィルメント by Amazon)について理解する

Pocket

電脳せどりで稼ぐための準備として

フルフィルメント by Amazon、

略してFBAについて理解していきましょう。

 

 

フルフィルメント by Amazon(FBA)とは?

販路をAmazonとしたときの

販売方法というのは細かく分けると、

販売に係わる手数料が安い代わりに

注文処理、配送やお客様対応など

すべて自分の責任でやらなければならない

出品者の自己発送というスタイルと、

自己発送スタイルとは逆で

手数料が通常より高くなる代わりに

注文処理、配送やお客様対応など

のルーティン作業の部分を

Amazonがやってくれるという

画期的な物流サービスが

フルフィルメント by Amazon(FBA)です。

 

 

こちらのサービスを利用することで

在庫の保管手数料や代行手数料はかかりますが、

初期手数料がかかるわけではないですし、

費用以上の効果も期待できます。

 

 

自己発送のサービスの品質という部分は

その出品者の質になるわけですが、

FBAを使えばそのサービスの品質は

Amazonになるので、

Amazonも手を抜いて管理・処理はできないということ、

そして配送スピードに関しても

Amazonのスピード配送が利用できるということですね。

 

 

これだけでもメリットがあるんですが、

ショッピングカートと呼ばれる

Amazon独特のカートシステムでも

FBAの利用者が優先されるので

自己発送の出品者よりも単純に

販売力が上がるということなんです!

 

 

だからAmazonがFBA出品者の

在庫を管理する倉庫へ商品を納品すれば

後は売上があがるのをひたすら待つだけなんですね。

仕入れやリサーチ以外の部分で

作業を自動化できるから、

ほぼほったらかしという状況も作り出せます。

 

 

 

またFBAマルチチャネルというサービスを利用すれば

FBAの倉庫内で在庫を一元管理して

他の販路で販売することも可能です。

要はFBAの倉庫から自分の手元に商品を届けなくても

Amazonが他販路で売れた物に対して

依頼さえすれば配送をしてくれるということです。

 

 

まとめ

自己発送をやっていれば

自分でやる代わりに

利益率は上がりますが、

副業ではじめたり、時間があまりとれない、

もしくは仕入れに集中したいというのであれば

間違いなくFBAの方が費用対効果は高いです。

むしろ導入しない手は考えられないほどです。

 

 

ぜひとも一連の流れを掴んで

導入の検討をしてみてください。

初期導入費用もどうせありませんしね。

>>電脳せどりで稼ぐための健全なキャッシュフローとは?

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。