店舗せどりと電脳せどりの違いについて

Pocket

電脳せどりで稼ぐための準備として

店舗せどりと電脳せどりの違いについて解説していきます。

 

 

店舗せどり

店舗せどりとは、せどりの起源とされる

BOOKOFFを代表格として

実店舗を構えているお店に足を運んで

現場でAmazonとの価格差を調べて仕入れる方法です。

 

 

都市や地方によってお店の数が違えば

そのお店ごとの商品の回転率やセール情報、

ライバルの数も違うというのが特徴です。

 

 

僕も元々はBOOKOFFの店舗せどりから入ってきているので

せどりの基本を学ぶなら・・・といったところですが、

正直物販をやる上で店舗から仕入れようが

ネットで仕入れようが関係ありません。

 

 

僕は結局、現場でリサーチしている姿を

こうジロジロ見られるのが嫌というのと

家でリサーチするのもそんなに変わらないや

ということで電脳せどりをはじめました。

 

 

電脳せどり

電脳せどりとはヤフオクなどのオークションサイトや

ネットショップから仕入れて販売する、

所謂在宅ですべての作業が完結するせどりの方法です。

 

 

日本全国の電脳せどらーがライバルということになりますが、

在宅ですべてのことができるという大きなメリットがあります。

 

 

全国でライバルがいるといっても

仕入れる商品は無数にあって

店舗せどりのように地域差も出にくく、

むしろ全国規模の在庫を見ることができるので

仕入れる商品がないということはまずありません。

 

 


今回は概要だけのご紹介になりましたが、

店舗せどりも電脳せどりもメリット・デメリットはあります。

ただ僕が考えるせどりとは自由なスタイルこそが醍醐味だと思っているので

本当はくくらずに自分に合っているスタイルを選択するのがいいと思います。

 

 

僕は電脳せどりを主としてやってはいますが、

やはり買い物がてら店舗へ行ったときには

スマホ片手に商品を見ることはあります。

これはもう職業病です(笑)

 

 

まあそれでも今では圧倒的に電脳せどりを

押しているんですが、

その理由として僕が考える効率化が後々しやすいというところにあります。

さらには肉体労働からの解放ですかね。

これも自分の中ではかなり大きな理由です。

 

 

それでも店舗せどりもやり方さえ知っていれば

僕のように主は電脳せどりとしておいて

店舗へ行ったついでの散歩せどりってこともできるので

一通りマスターはしておきましょう。

>>電脳せどりが店舗せどりより優位な理由

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。