電脳せどりで稼ぐための健全なキャッシュフローとは?

Pocket

電脳せどりで稼ぐための準備として

せどりの生命線でもある

キャッシュフローを健全にするための

重要性について解説していきます。

 

 

せどりで初月から利益は出せる!?

せどりをはじめる理由として

当然儲かると思うからはじめるわけですが、

僕も当然せどりは儲かるからやっているのです。

 

 

もちろん、初月から売れた商品単体での

利益は十分にだせるはずですが、

売上を作り出す要素には

必ず在庫という存在があることを忘れてはいけません。

 

 

在庫があるということは

累計の収支で見たときに

必ずしも利益になっているとは限らないということなんです。

 

 

仕入れた商品すべてを損切りせずに

利益を出した状態で仕入れた当月に

売ることは可能だと思いますか?

 

 

僕は正直、

受注発注という販売形式をとっていないと

これは無理なんじゃないかと思っています。

受注発注という販売形式であっても

キャンセルもあるでしょうから

在庫ゼロはほぼ不可能です。

 

 

だけどせどりの大きなメリットとして

商品を大量に仕入れる、

いわゆる縦積み在庫を増やす必要は無く、

1点あたりから儲かる商品を仕入れられる

という強みがあります。

 

 

ですから間違った仕入れをしなければ

当月手に入れた在庫も来月以降は売れて無くなりますし、

最悪トントンでも売りぬいて

現金を次の仕入れに回すこともできます。

 

 

だから商品個々で見たときの利益と

累計の収支にはずれがあって、

商品個々で見たときには

もちろん初月から大きな利益を出すことも

可能ということですね。

 

 

せどりで健全なキャッシュフローを保つには?

在庫を持たなくては売上が立たない

せどりというビジネスをやる以上、

在庫を在庫のまま放置はできないということですね。

 

 

やるべきことは3つです。

●リサーチの段階で仕入れるべき商品の見極め

●徹底した資金・在庫管理

●余剰在庫の現金化のタイミング

 

 

仕入れるべき商品の見極めは

リサーチ段階である程度判断できますので

その基準に沿って仕入れをしていくことになります。

 

 

この中で一番重要なのは管理です。

1ヶ月ごとに見た商品個々の利益、

在庫状況やその消化率、

そして累計収支ですね。

最低でもこれぐらいを見ておかないと

儲かっているのかわからないという

状況に陥ってしまいます。

 

 

当然在庫の消化率が悪かった場合に

その在庫が売れないのはなぜかということを

考えてはじめて損切りするかを考えます。

要は在庫の現金化です。

間違った仕入れをしたと感じた場合は

こうやって現金化して、

次の良い仕入れに回すことも必要なんです。

 

 

まとめ

せどりでは仕入れを行った瞬間から

在庫を持つということになります。

なので在庫を持ったタイミングで

いかに利益を取りつつ、

短期間で販売できるかが

キャッシュフローの健全化に繋がります。

 

 

健全なキャッシュフローを生み出すために

在庫をさばくための業務フローの迅速さも

同時に行うことができれば

せどりにとっては最良の方法となるでしょう。

 

 

実はリサーチなんかのノウハウ部分より

よっぽど重要なのは

キャッシュフローだということを

強く認識しておいてください。

>>電脳せどりで稼ぐための管理表作成の重要性

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。