せどりで安易に価格を下げるのは馬鹿だ

Pocket

前にも話をしているのですが
アマゾンで販売していると
自分から購入しているとう意識よりも
お客様はアマゾンから購入しているという
意識のほうが圧倒的に高いはずです。

 

そうすると必然的に
価格のみの勝負になります。

 

 

 

アマゾンは誰でも参入しやすいから
初心者や手元に現金を残したいと思う人が
安易に価格を下げて売りにきます。

 

 

 

・・・

本当に止めてほしいです!
迷惑です!

 

 

 

 

そもそもアマゾンのカートは
誰にでも順番に回ってきているということを
知っているんでしょうか!

 

 

 

 

そういうときに卸から仕入れて
人より安く仕入れることができれば
いずれその変な人たちは
「この商品は稼げないなあ」
と離れていってくれるので
まあある程度無視しておけばいいんですが、
何が根本的に迷惑かというと
卸交渉する際にメーカーからよく言われるのが・・・

 

 

 

 

 

 

 

ネット販売はお断り!!

 

 

 

なぜかっていうと
そうやって安易に価格を下げる人がいるから
メーカー自身のブランドの価値が下がっていってしまうんですね。

 

 

 

 

自分たちの商品価値が下がっていくのが許せない、
さらに実店舗ないしは卸業者から
もっと安く手に入るんではないかとか
誤解を受けるんですね。

 

 

 

 

実際はそれを止める術がないから
泣く泣く傍観です。

 

 

 

 

こういったことがあるから
本当にメーカーはネット販売に対してはピリピリしています。
そしてそんな販売者がいると私もピリピリしています。

 

 

 

 

最近は人がなるべく入って来にくい商品を選定するようにしていますが
アマゾン自身が在庫を持っていることも多々あるので
課題はまだまだあります。

 

 

 

 

それでも売上を作り上げることができたので
自信はありますけどね。

 

 

 

 

狭いところばかり見ていては駄目です。
物事を大きく捉えてライバルがいないところを
考えてみてください。

 

 

 

 

そこに勝機はありますからね。
ではまた。

 

 

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。