せどりではなく、メーカーから直接購入したほうがいい理由

Pocket

せどりではなく、

メーカーから直接購入したほうが

いい理由について解説します。

 

 

これは間違いなく言えるのは、

安定した仕入れができる

ということではないでしょうか。

さらに安く仕入れることができるということです。

 

 

ただせどりの良いところなのは

1点からでも安く仕入れることができて、

さらにはその安くというのが非常に重要で

セール品などの特価品を仕入れることで

大手量販店に負けない価格競争も可能になります。

 

 

それでも直接購入したほうがいい理由は

せどりにも負けない価格競争力

安定仕入れに限ると思います。

逆にこれを満たせない仕入れは

卸仕入れするべきではないです。

 

 

これを満たすべき、

最重要キーワードは

製造元・メーカーからの直接購入でしょう。

 

 

わかりますか?

問屋仕入れでは厳しいんですね。

 

 

 

そもそもAmazonで販売しようとすると

問屋さん自身が小売りしているケースがありますし、

問屋さんを通して仕入れをすると

商品を横流しするのではなくて

必ずマージンをとっているので

その分どうしても高くなってしまいます。

 

 

だから安定仕入れはできますが、

Amazonで販売するには

価格競争力が無くなってしまうということで

問屋仕入れはあまりお勧めできないということなんです。

 

 

そもそも多種多様な商品を

大量購入して大量販売できる

資金力と販路があれば、

流通経路として1本化できる

問屋仕入れの方が効率がいいんでしょうが、

僕らがやっているのは

せどりから派生させた

個人ベースの卸仕入れなんです。

 

 

だからこそ仕入れ値で負けないためには

メーカーから直接購入した方がいいんです!

 

 

よくあるのが、Amazonで出品していると

卸の営業の電話やコンタクトがあると思いますが、

彼らはメーカーではなくて

あくまで問屋、もしくは商社ですし、

誰にでも声をかけているので

結局は卸仕入れした人たちの間で

価格競争になってしまい、

利益が取れなくなってしまいます。

 

 

問屋から仕入れる場合でも

向こうからくる話ではなくて

こちらで見つけた商品に対して、

特殊な商材であれば戦えると思います。

例えば出品制限がある商品だったりですね。

 

 

だからAmazonを販路としたときには

メーカーから直接購入して

問屋にも負けない価格でいくか、

特殊な商材で問屋から仕入れるか、

そこにせどらーなみの競争力があれば

リサーチいらずの安定した仕入れができるので

卸仕入れはやってもいいと思います。

 

 

それができないのであれば

横展開で競争力が高いせどり

外すべきではないですね。

 

 

僕はいいとこどりの方法を実践しています。

今はこれがベストですかね。

どちらかやりづらくなる状況になったとしても

商売としてつぶれることがないし、

応用も効きやすいですからね。

ではまた。

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。