せどり+卸仕入(大量仕入れ)によるリスク

Pocket

卸仕入による価格交渉は
やはりロット数によるところがあります。
ということは大量に仕入を
しなくてはならないということ。

 

せどりをやっているなら
やはり不良在庫というのは非常に怖いですよね。
ただデータを読み取れば
それは怖いことではなくなります。

 

また販売スパンを変えてみるということも
いずれはしなくてはなりません。
よりビジネス目線に切り替えるということですね。

 

大抵は1ヵ月での回転率を見ていませんか?
私も最初はそうでした。
資金もあまりなかったので
仕方がないところもあります。

 

卸仕入をやるようになってからは
2ヵ月~3ヵ月までのスパンで見ることも多くなり、
もちろん1ヵ月でさばける高回転の商品で利益を
出しつつというのも条件に入っていますが
商品点数が増えてくれば
そこまで気にならなくなるのかなとも思っています。

 

それでも大量仕入れが怖いのなら
私のレポートでも紹介している
DENAなんかは小ロットOKのところも多いので
卸仕入の入門としてはやはり外せません。
検索量が多いのですが、
アマゾンでも利益の取れるものはあります。

 

それさえ見つけてしまえば
リピート仕入ができて、
尚且つ回転が早いなと思えば
大ロットで直接交渉してしまえばいいんです。

 

大量仕入れはリスクではあるのですが、
正しくデータを見てスパンを考えて
仕入れをできるならそこまでのリスクでは
ないのかなと考えています。

 

それ以上に圧倒的に作業量が減ることを考えると
後々大きなメリットになるのかなさえ感じています。
小ロットで安定的に安く仕入れができるのが
理想的ではあるんですけどね。

 

そういうサービスもいずれ
私が提供できればと思っています。
楽しみにしていてください。
ではまた。

 

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。