せどりで派生したメーカー・問屋からの卸仕入でライバル増!?

Pocket

せどりで派生したメーカー・問屋から卸仕入をすると

結局ライバルが多くて価格競争にならないか、

という疑問はでてくると思います。

 

 

もちろん誰でも仕入れられるような

メーカーや問屋だとライバルが多くなって

価格競争になってしまうということは考えられます。

 

 

が、もう少し考えてみてください。

仮に仕入れのロット数が大きすぎると

それだけで正直差別化になります。

 

 

さらにプライドあるメーカーから直接仕入れることができれば

そもそも自己ブランドを大切にしているので

価格を落とさせるということをしません。

ということは皆同条件で販売することになり、

カートをいかに取得するのかということだけになります。

 

 

さらにさらに考えると

その商材を扱えるのがほぼ自分だけになるなら

独占的に販売できることになり、

ライバルに怯える必要すら無くなります。

 

 

じゃあそれがAmazonすら

購入していない商品だったとすると・・・

 

 

せどりに限らず、物販をやっていると

必ずこのライバル出現による

価格競争という点で苦労させられがちですが、

そもそも人より安く仕入れができるというところで

卸仕入れでは差別化が出来ている上に、

戦略次第ではライバルがほとんどいない状況で販売もできます。

 

 

そんな商品で例えば高回転、高利益

だったら最高じゃないですか!

そんなにうまい話はほとんどないですが(笑)

でも高回転、中利益の商品だったら結構あります。

 

 

電脳せどりで確実に商品を回転させて

利益を積み上げることはそんなに難しいことはないです。

ただやっていることが転売なので

安定させるのが難しいのです。

 

 

僕の考えはそこにちょっとしたプロ意識といいますか、

物販をやっているんだという自信と

さらなる売上向上のために

卸仕入れは取り入れるべきだと考えます。

そうすることで前回も言いました↓

時間的な自由が増えることになるのです!

 

 

で、今回はある募集をしたいと思います。

それは・・・

 

 

 

卸仕入れに特化した勉強会です!!

 

 

 

なぜこのタイミングでこういった募集をするのか?

それにはある理由があります。

その理由等については

こちらのフォームよりまずは登録ください。

 

 

募集期間は本日~1月15日(金)までとします。

5人以上集まれば開催しようと思っているので

ぜひご参加ください!

では登録お待ちしています。

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。