せどりから派生させた卸仕入れのリスクヘッジ

Pocket

卸仕入に対して質問といいますか、

懸念していることがあるということで

お聞きしていたのでお答えしていきます。

「仕入れの安定はするけど在庫リスクはあるし、

資金も必要なのでやりたくてもできないです」

ということでした。

 

 

ここに自分自身の目的といいますか、

どういったことで稼ぎたいのかということを

逆に問いたいんですね。

 

 

私の場合はとにかく、

難病というハンデがあるので

負担なく稼げる方法を探したときに

このせどりから派生させた卸仕入というジャンルを見つけました。

 

 

卸仕入れに限らず1商品に対して大量仕入することで

扱う商品数を減らしつつ、1つの商品が

1日に複数個の商品が売れていく

というイメージです。

 

 

こういった商品を少しづつ増やしていって

在庫がなくなりかけたらまたリピート購入する

というやり方でリサーチするというよりは

発注するという、リアルでもよくある方法です。

 

 

だから発注のタイミングではもちろん資金は必要ですが、

それと引き換えに後からの作業はめっちゃくちゃ楽になります。

 

 

ヒット商品を見つければ仕入れが追いつかないほど

売れていくのでおもしろいです。

 

 

仕入れてからはどうやって

販売するっていうことだけをほぼ考えています。

後は売れましたっていうメールがたくさんくるでの

それが目の保養になっています(笑)

 

 

利益というのは後からついてくる感じなので

確かに資金がないとつらいのは確かです。

対価として大きいのがやはりということでしょうね。

 

 

最初にその見えない対価に投資できるかが

卸仕入をやるかやらないかということになると思います。

目先の利益を得たいなら

間違いなく電脳せどりをお勧めします。

予約転売はさらにその上をいく高回転即金性が魅力的です。

 

 

卸と電脳せどりの両方をやるなら

卸の資金繰りに対してのリスクヘッジとして

電脳せどりはすごく重宝します。

予約転売も同じくです。

 

 

私がやっていることなんてこの程度です。

まずは自分の目指すべきところに着目して

やるべき内容を考えていけばいいと思います。

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。