せどりにおける年末商戦について

Pocket

せどりにおける年末商戦について

考えなければいけない時期にきましたね。

僕はどう考えているかというと・・・

 

正直あまり意識していません。

理由としては

まず意識しすぎて疲れる(笑)

 

 

年末商戦は売れるから、

クリスマスもあるしなー、

じゃあ何を仕入れようかとか

資金繰りをどうしようかとか

いろいろ考えているうちに疲れてきてしまいます。

 

 

そんなことを考えるぐらいなら

通常通りやっていることを

ルーティンワークとして

より手を動かした方が

結果良い仕入、良い売上に

なることのほうが多いように感じます。

 

 

また他の理由を挙げるとすると

おもちゃなどに特化しすぎると

価格競争やamazonの在庫復活に振り回されて

売上は上がっているのに

利益がともわない可能性があるということですかね。

結果やはり疲れる(笑)

 

 

売上は大きく上がる時期なのは間違いありません。

ただ、そこを意識しすぎて

自分のやっていることから反れていってしまうと

達成感だけ残ってしまった・・・

ということになりかねないので

僕は年末商戦っていう

言葉に意識が刈られすぎないようにしています。

 

 

11月に入ってからすでに年末商戦に向けての動きがあるのか

通常より売上が上がるペースが速いです。

在庫が無くなるから通常通り商品を仕入れる、

年末商戦のイメージは

こういうイメージでも悪くないのかなと個人的には思っています。

 

 

むしろ仕入れがしやすくなる時期でもあるので

販売を意識するよりも仕入れの質を意識したい時期ですね。

それではまた。

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。