せどりで仕入れた商品の価格競争にどこまで付き合うべきか

Pocket

せどりで仕入れた商品の価格競争に

どこまで付き合うべきかということについて

検証していきたいと思います。

 

 

売り上げは順調に増えていっているでしょうか?

せどらーにとってクリスマスという年に一度のお祭りが始まると

おもちゃせどりに精を出した人も大勢いることでしょう。

 

 

もちろんおもちゃせどりやホビーせどりというのも

ジャンル選ばずに私は仕入れをやっているわけですが、

この時期の回転率は半端ねえ!

ですね。

 

 

FBAに送った瞬間に売れていくような状況が続きます。

売り上げもバンバン上がっていくような状況なのですが、

それ以上に競争半端ねえ!

って感じで仕入れた時点では結構利益率あるなあって

思っていた商品がFBAに出した瞬間に出品者が溢れてるーーーって

商品がいくつかあります。

 

 

やっぱり新品って差別化のしようがないので

売り切りたいなら最安値に設定せざるをえない。

そうすると結局利益率も下がっていってトントン、

もしくは赤字っていう商品もでてきました。

 

 

前にも書いたともいますが、

クリスマスだからといってあえて

出品過多な場所にいって勝負するのは無謀かなと感じました。

 

 

あと思ったことはやっぱり子供たちを目の前にして

商品をかっさらっていくというのはビジネスといえどやはり気が引けます。

アマゾンのレビューをみてください。

親からのクレームとも呼べるレビューがたくさん付いています。

 

 

通常はおもちゃやホビー系の仕入もやりますが、

クリスマスだからといって特別なことをするのではなく、

日々変わらぬことをやっていても売り上げは付いてくるので、

というかむしろ楽な状況でせどりをすることができるので

一時の情報に流されない方がいいと思いますよ。

 

 

DVDやCDやゲームだって常に需要がありますからね。

それこそ中古と新品を扱うことで幅広い仕入れもできますから。

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA