モノレートの見方を間違えて仕入れの失敗になっていないか

Pocket

モノレート見方を間違えて

仕入れの失敗になっていないかを

再度考えてみます。

 

 

僕は作業の効率化のために

モノレートを感覚的に見ることが

ほとんどなんですが、

価格が高くなるにつれて

やはり慎重に行動しています。

 

 

まずは感覚的にモノレートを見るときはこんな感じ↓

2016-03-07_210413

 

誰もが見た瞬間に仕入れ対象になりますよね?

3ヶ月で見たときのグラフなんですが、

価格が一定で推移してきて

今出品者が減って、若干価格が高くなっているので

仕入れが安ければ今が一番良い仕入れ時っていう感じです。

 

 

そしてこの商品の一番何がいいかってわかりますか?

要は価格が高くなっているにもかかわらず

商品が同じように売れているということです。

 

 

ということはこの商品は

価格がそんなに重要ではないということを

表しているんですね。

なおさら仕入れの判断基準としては

最高のタイミングだと言えます。

 

 

ただそんな状況といえども

おいしい商品がごろごろあるわけではなく、

こんな商品に限って薄利な場合がほとんどです。

でも僕は利益率で10%以上取れるようなら

この波形のモノレートであれば仕入れますよ。

 

 

要は商品を回転させて

利益をどんどん作るタイプの

商品だということです。

 

 

それとは反対に仕入れ判断が

難しい商品もあります。

それがこのタイプ↓

2016-03-07_212448

 

ポイントの箇所に赤丸を入れていますが、

いわゆるプレミア系の商品です。

新品商品に関しては平均しても

出品者が1人ぐらいしかいないような感じです。

 

 

売価が108,000円ぐらいの商品なので

普通だったら中々手が出にくい商品だと思います。

でもヤフオクなんかで仕入れができるなら僕は行きます!!

 

 

このデータも3ヶ月のものなんですが、

この3ヶ月間に確実に新品が売れたという形跡があるからんです。

価格のグラフに注目してみると

わかると思うのですが、

3箇所空欄になっていますよね?

 

 

新品商品が売れたか、

もしくは出品を取り下げたか、

どちらかなんですが、

ランキンググラフでは

ちょうど波が動いています。

ということは商品がちゃんと動いているという

証拠なんですね。

 

 

これぐらいの出品者しか常にいなくて

1ヶ月に1回は売れているような商品だと

ライバルがたくさんいる状況下でたくさん

売れている商品を仕入れるのとそんなに大差がないと思いませんか?

 

 

しかもこんな商品に限って

利益ががっつり取れるものが多いです。

高額商品だから利益率が仮に20%だったとしても

約18,000円が利益になります。

 

 

こんな商品だけ集めて

月に10個売れば利益で18万円ですよね。

単純計算ですが、僕はこんなものを仕入れることが結構あります。

こういう波形のものがロングテール品だとか言われがちなので

せどらーは資金を回すことに必死なので

見逃してしまうんですよね。

 

 

だけど最初のモノレートの見方の商品と

2番目の見方の商品を合わせ持つことで

総合的な利益率も大きくなります。

 

 

もう少し詳しく売れ行きを確認するなら

モノレートをもう少しスクロールしたところにあるこちら↓

2016-03-07_214048

 

ランキングが上がっているタイミングで

出品者の数が減っているということです。

中古の場合も同じ見方で問題ないです。

ではまた。

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。