アマゾンで規制のある商品の出品許可をもらう方法とは?

Pocket

アマゾンで出品するにあたって

規制のある商品があります。

その出品許可をもらう方法について検証してみます。

 

 

出品許可がいるカテゴリーを攻めることで

チャンスがあるということはこちらの記事で説明しました↓

 

 

僕はすべてのカテゴリー申請を通しているので

問題がないのですが、

以前と比べると許可が

おりにくくなっているらしいですね。

 

 

試しに僕のコンサル生に

ヘルス&ビューティーのカテゴリーに

許可申請してもらいました。

結果は・・・

 

 

 

駄目でした(爆)

 

 

 

駄目だった理由というのは教えてくれないみたいですね。

考えられる理由は

まずレシートで申請したということ。

 

 

要は店舗で仕入れた複数の商品のレシートを

提出してみたところ、駄目だったという理由が濃厚です。

まあこれに関してはちゃんと注意書きとして

書いてあるので無理だというのは

わかっていたのですが、

とりあえず実験してみました。

 

 

ちょっと前まではレシートでも行けたんですよ。

やはり厳しくなっているようです。

 

 

それで次は条件を変えて

注意書きにある納品書または仕入明細書

を提出してみました。

結果は・・・

 

 

 

駄目でした(爆)

 

 

 

これの理由も大体わかっています。

それはネットショップで仕入れた商品の

納品書を添付したのです。

 

 

細かい条件として納品書または仕入明細書

には次のものが書いていないと駄目なんです。

・発行者の名前、住所、電話番号、WEBサイトなど

・自分の名前、住所、電話番号、WEBサイトなど

・3ヶ月以内に発行されたもの

 

そもそもネットショップでここまで丁寧に書かれている

納品書ってあるのかなあ。

要はここまでの情報が書いていない

納品書を添付したので弾かれたのだと思います。

 

 

ここまで書いただけでも

申請に関しては中々難しい条件があって

いわゆる転売をしているせどらーにとっては

申請が通しにくい状態にあるのは間違いありません。

 

 

だからこそ他の出品者との差別化

ライバル不在の環境下で販売すれば

利益率も上がるというものです。

 

 

ではなぜこんなにも条件が厳しいのか?

ということなんですが、

デリケートな商品であればあるほど

問題が起こりそうな転売商品は

アマゾンとしては避けたいので

継続して販売できるであろう出品者のみに

許可を与えたいということがあるのだと思います。

 

 

要は信用

があれば許可はおりやすいと判断します。

実際にこういうことも書いてあります。

 

数量3点以下の場合、継続的な仕入れと販売の判断ができません。

 

だからあとやるべきことというのは

問屋等からとりあえず3点以上卸という形で仕入れて

こちらの詳しい情報も納品書に記載してもらう

というのが正攻法のような気がします。

 

 

ただこれは試していないのですが、

確率的に上げるとすると

追加情報を何か提出するということですね。

簡易的に自社サイトをアップロードして、

その情報を添付することで一気に使用度は増すと思います。

 

 

僕は後から申請したカテゴリーもあったのですが、

納品書を提出せずに自社サイトと他販路の情報を

見せて申請が通りました。

だから信用さえあれば許可は下りるのではないかと思います。

あとは担当者によって判断の基準が違う可能性も

あるということで何度か申請を試してみるのもありです。

参考になればと思います。

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。