電脳せどりの技~刈り取り~

Pocket

電脳せどりでは刈り取りとい

技があるのをご存知でしょうか?

これはアマゾンから仕入れて

アマゾンでまた販売するという方法です。

 

 

誰が考えた言葉かわかりませんが、

良いネーミングですね。

 

 

 

さておき、

この刈り取りっていう手法にハマっています。

なぜかってところなんですが、

まず楽なんですね。

 

 

 

アマゾンから仕入れるので

煩わしい取引がなく、

決済まですんなりできるということ。

 

 

 

決済に関してもアマゾンが

仲介しているので安心して

取引できるということ。

 

 

 

これがヤフオク仕入だと

思うようにいかないことが多いです。

1回1回往復で取引連絡をするので

商品が届くまで何日も

かかってしまうのは普通です。

 

 

 

アマゾンだと出品者が

個人だとしても注文してから

決済まで数秒で完結できます。

あとは発送を待つだけです。

 

 

 

 

仮に発送がないだとか、

連絡がないだとか、

品物が届かないといったことが

あっても容易にキャンセルまでできてしまう。

 

 

 

 

商品が届いても容易に返品できてしまう。

これはこれで出品側の立場で

言わせてもらうと

どれだけ購入者に手厚いシステムだよっ!

って突っ込みたくなるわけですが、

これが刈り取りという方法が

楽だという私にとっての所以です。

 

 

 

 

さらに、案外利益の取れる商品があるということ。

刈り取りといってもその方法はセール品を仕入れる、

値段のつけ間違いを狙う(相場がわかっていない)、

買い占めて値段を釣り上げるなどあるわけですが、

当然値段のつけ間違い(相場がわかっていない)を

狙うというのが大きく利益を取る方法になります。

 

 

 

 

こんな人が多いこと多いこと。

私からしたら

ありがとうございます、いただきます

といった感じでまさに刈り取るだけなのですが、

さらにさらにその人が

複数個所持していることがあるんですね。

 

 

 

 

こういった時はどうするのか?

よほど多くの個数を所持していない限り、

全部購入してしまいます。

 

 

 

だいたい10個以下なら

全部仕入の対象になるかな。

一応モノレートで過去相場は確認しますが、

仮に設定しようとする価格で

売れていないとしても付けてみます。

 

 

 

 

その価格で売れればラッキーですよね。

過去おいしかったのは5,260円で

刈り取った商品が15,000円で売れたことです。

 

 

CDなんで場所もとられず

まとめて送る送料も安いので

経費を考慮しても利益率でいうと

約50%ぐらいですかね。

 

 

 

その時の希少性が高くて

人気商品であればその手のマニアは

購入するということなんです。

 

 

 

 

リスクもありますが、

リスクを解消するには相場が下がったとしても

プラスマイナスゼロで終われる商品、

また回転の良い商品を仕入れるということです。

 

 

 

過去50,000円分ぐらい刈り取りを行って、

平均利益率30%ぐらいとった商品もあります。

こんな感じで電脳せどりも仕入先を

多数選択できるので試してみてください。では。

 

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA