せどりで販売を加速させるための価格改定

Pocket

せどりで販売を加速させるための

価格改定について解説していきます。

 

 

せどりにおける価格改定の必要性

新品と中古によっての違いはあれど

販売を加速させるための価格改定は必須です。

 

 

ではなぜ価格改定が必要かというと

誰もが取り扱いできる転売商品であれば

プラットフォームをAmazonとした場合に

価格以外で商品を訴求する選択肢がないからです。

 

 

これがプラットフォームに

依存してしまっているということでもあるのですが、

新品商品の場合であれば

特に重要なのはカートの価格です。

 

 

中央のカートボックスを取得できないと

ほぼ販売機会というのは回ってきません。↓

Amazonのカートが新品で稼ぐための戦略になる

 

 

ではそのカートを取得するためには

どうすればいいのかというところなんですが、

Amazonと同条件で販売できるというのが重要で、

要はAmazonと同等の品質、発送、

そして、

価格の競争力です。

 

 

品質や発送部分に関しては

FBAを使うことによって補えるのですが、

価格の競争力については

自らの判断で行わなければいけません。

 

 

だからFBA同士のライバルが大勢いるのであれば

現在カートを取得しているFBA出品者の

価格に合わせるのが最低条件になります。

 

 

中古の場合、

基本的にカートという概念は薄いですし、

購入者も出品者の評価や

その品物自体の状態を気にして購入を検討します。

 

 

こういった面があるので

新品よりも中古品の方が

お客様に対しての訴求力は発生します。

 

 

しかし、

当然同条件で出品してくるライバルというのはいるので

残す方法はやはり、

価格の競争力

ということになってくるわけです。

 

 

せどりの価格改定のメリット・デメリット

メリットは販売機会を多く作ることにつながるので

最終的な吐き出しの部分、

いわゆるキャッシュが手元に残りやすくなります。

要はキャッシュフローは良くなるということです。

 

 

デメリットは競争することによって

価格が下落していくわけですから

利益率・利益額は当然落ちていきますし、

最悪赤字っていうことにもなりかねません。

 

 

まとめ

僕らは売り上げを上げて

利益を作って

最終的に現金を手元に残すために

せどりをやっているので

良い仕入れができたからといって

満足するのではなくて

販売に関してもおろそかにはできないということです。

 

 

だから仕入れの段階で販売まで考えるわけですが、

相場なんかと同じ市場原理で

独占商品でもない限り回避しようとしても、

どうやっても価格競争というのは起こってしまうものです。

 

 

この価格競争をふまえて

仕入れの段階でどこまでの競争に

付き合うかというのは決めておくのが良策だとは思います。

 

 

考え方として、

自分のほしい最低の利益率を10%とするなら

仕入れの段階で10%取れるから仕入れるという考えではなく、

競争になったとしても10%までは競争に付き合える、

という考えの元、仕入れを考えた方がいいということですね。

 

 

あとは、

仕入れの支払いができないと意味がないので

各々の状況や商品に合わせてはじめて

損切り(赤字販売)を検討しましょう。

 

 

安易な損切りではなくて、

電脳せどりで稼ぐための管理表作成の重要性

こちらにもあるとおり、

しっかりと現況を把握して

キャッシュフローを考えるということです。

 

 

しっかりとした管理の元、

販売の戦略として

価格改定も考えてみてください。

電脳せどりではプレミア品と特価(卸)のバランスが最強 >>

 

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。