家電せどりで重要な新品(保証書)について考察してみる

Pocket

家電せどりで重要な新品(保証書)の扱いについて

考察してみようと思います。

 

 

Amazonの規約からひも解く

家電せどりでよく議論されるのが

新品で出品する際の保証書が必要か、否か、

ということと、

未開封なのか、開封があっても未使用だから

出品できるのかということだと思います。

 

 

個人的な見解では

未開封かつ保証書があるのが

新品でしょうという判断なんですが、

Amazonの新品の規約を見てみると

”未開封・未使用”

”通常のメーカー保証あり”

とあります。

引用:Amazonコンディションライン

 

 

かなり微妙な表現だと思うのですが、

捉え方によっては例えば

未開封かつ未使用ともとれるし、

未開封じゃなくても未使用ならOKともとれるし、

保証に関しては保証書が無くても問題ないともとれます。

 

 

まず商品の状態なんですが、

お客様からしたら開封してある時点で

やはり気持ちのいいものではないと思うのですが、

この規約通りにいくと捉え方の違いで

未使用品であれば出品できてしまうことになります。

 

 

これによって実際商品を販売して

「新品じゃない」

仮にクレームを受けたとしても

言い逃れできそうな気がしますね。

 

 

悪い評価を受けたとしても

「こう書いてあるじゃないか」

という反論で削除依頼もできそうです。

 

 

では保証書の有無ですが、

こちらも捉え方によっては

メーカー保証さえ受けることができれば

無くても問題なしということになるでしょう。

 

 

だからこれも仮のお話になりますが、

ヤフオクで保証書が付属しない未開封の

家電品を仕入れて、

こちらがお客様に販売したときに

保証が効くかというところで、

これに関しては

メーカーの見解を確認する

ということが重要になってきます。

 

 

要は保証書が無くても

メーカー保証が受けられるかということです。

 

 

よくあるのが、

購入証明、

いわゆる納品書や領収書の提示ができれば

メーカーが保証してくれるというパターンです。

 

 

これは実際にあります。

僕は付属しているものを

すぐに捨ててしまうタイプなんですが、

保証書もしかりで、

いざ故障しましたといったときに

商品を特定できる写真と

購入証明を提出してくださいという感じで

無事商品交換ということが多々ありました。

 

 

仕入れルートはお客様からしたら

関係のないお話なので

どこから購入したかということが

証明できればいいということですね。

 

 

ただし、

先ほども言いましたが、

メーカーによって見解が違う可能性があるので

保証書なしで出品する場合は

事前にメーカーに確認するのがいいかと思います。

 

 

まとめ

実際、個々の商品で

出品者ごとの商品コメントを見てみると

「未開封」という表記は無くて

「未使用品」という表記があったり、

保証書の有無の記載のないものや

○年○月までの保証印がありますとか

いったものが新品として出品されています。

 

 

これらが削除されていないということは

【新品】としての規約として

問題ないということですかね。

僕の場合はあくまで未開封の

保証書付属品を新品として出品しています。

 

 

ただAmazonとうまく付き合っていくために

はっきりとした見解は

やはりAmazonに確認するべきです。

 

 

先ほどの保証印に関して

コメント欄に記載することは

通常のメーカー保証が受けられない

と言っているようなものなので

これを記載するぐらいなら

保証書を抜いて、

やはり先ほど言いました、

購入証明をもって保証が受けられるかどうかを

メーカーに確認するのがベストであると考えます。

 

 

家電せどりはやはり

日用品としての重要が高い、

いわゆる分母が大きいせどりなので

本当にうまく活用していきたいですね。

>>せどりにおいて評価をもらうことの意味

 

 

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。