せどりにおいて評価をもらうことの意味

Pocket

せどりにおいて

評価をもらうことの意味について

解説をしていきます。

 

 

せどりにおける評価の恩恵

Amazonを販路にする場合も

その他プラットフォームを販路にする場合も

良い評価をもらうことの恩恵というのは

少なからずあります。

 

 

特にせどりをやる場合、

Amazonをプラットフォームにする場合が

ほとんどだと思いますが、

考えられる恩恵については以下の通りです。

 

カートの取得率

中古商材の差別化

アカウントの健全性

 

カートについては

Amazonのカートが新品で稼ぐための戦略になる

こちらも合わせて確認いただきたいのですが、

実際のところ、カートのシステムについては

オープンにされていないのではっきりとしたことは言えないですが、

評価も関係があるとされています。

 

 

カートとの関連性で

良い評価をもらうことでアカウントが

健全に保たれているという

Amazon側が判断する指標になるので

やはり影響はあると思います。

 

 

もっとも評価をもらうことで恩恵があるとすれば

購入者様がどうしても評価で判断する場合なんですね。

その最たるものが中古品になります。

 

 

要は中古品の場合、

状態はさまざまあるわけですから

当然その状態を見て

購入者様は購入の判断をするわけです。

 

 

状態が確認できたら

次にくる購入の判断基準は何になるかというと

やはり出品者の評価だと思います。

僕も必ず確認する場所ですからね。

 

 

状態が理想通りでも

評価が悪ければその評価のとおり、

変な商品が届くのでは?

と疑ってしまい、

結果その出品者からは買わない

という判断をして高くても別の出品者から買うわけです。

 

 

中古商材は売る側からも差別化しやすいのですが、

購入者目線で見ても差別化されているということです。

 

 

せどりで良い評価をもうらうための行動

評価をもうらうことの重要性はわかったけど

実際に良い評価をもらうために

どうすればいいか?ということは当然あります。

 

 

どのプラットフォームもそうなんですが、

自主的に評価を付けるお客様は

悪い対応をされた

期待以上のものすごい良い対応をしてくれた

という2つが考えられます。

 

 

要はネガティブ要素の方が

人は印象に残りやすく、

そんなに対応が悪くなくても

ちょっとしたことが気になって評価で表現したくなるものです。

 

 

逆に良い対応をしても

普通の良い対応では印象に残らず、

期待以上というところがキモで

よっぽど印象に残るようなことをしないと

評価にはなりません。

 

 

理不尽だと思いますが、

そんなものだと思います。

 

 

ただAmazonのFBAを利用していると

Amazonと同じ環境で商品を発送しているわけなので

対応に関してはそこまで差がでるわけではありません。

 

 

だから良い評価も付かなければ

悪い評価も付かないわけですが、

それでも良い評価をもらっていくという戦略として

メールを送る

これだけだと思います。

 

 

Amazonのセラーセントラルの

注文管理からお客様へ評価をもらうことの

メールをしていきます。

2016-09-12_120200

購入者に連絡するのリンクより

個別でメールを送ります。

 

先日はご購入いただきありがとうございました。

Amazon出店者の○○です。

~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~

お客様から頂戴した評価・コメントを励みにして日々営業いたしております。

スタッフ一同、心待ちにしておりますのでお手数おかけして恐縮ですが、

評価のご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

あくまで参考ですが、

このような感じで評価を促すわけです。

 

 

でもこの作業が結構面倒なので

こういったルーティン作業の部分で

使えるツールは使いましょうということです。

 

 

月額制ですが、

評価はかなり付きますので

僕的には費用対効果が抜群だと思っています。↓

アマスタ

 

 

まとめ

どのプラットフォームでもそうですが、

評価や商品レビューというのは

データでは見えないところでの

訴求ポイントにもなりますので

ぜひ実践してみてください。

 

 

特に中古商材も扱っていくのであれば

新品以上に訴求ポイントとしては高いので

評価を重要視するのは必須だと考えてください。

せどりで販売を加速させるための価格改定 >>

 

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。