ゲームせどりはもう稼げない!?

Pocket

元ゲームせどらーと名乗っていますが、

ゲームせどりをやっていないわけではなく、

今ももちろんゲームせどりはやっています。

 

というかむしろメインでやっています。

で、あいかわらず回転も早いし、

稼げる商品を仕入れることは案外簡単だなと感じています。

 

 

ゲームせどりが稼ぎやすいのは間違いないです。

リストを作るのも簡単です。

私がせどりに復帰していろいろ見て回っていたのですが・・・

ゲームせどりのフィーバーっぷりがすごすぎて

もうゲームせどりでは稼げない!

と決めつけてしばらく手を出さずに様子を見ていたのですが、

アマゾンのゲームコーナーを見ていて

ウズウズしてきたのでやってみると・・・

案外昔とそれほど変わらないかなと感じてしまいました^^

 

 

そりゃそうですよね。

自分だけの月日が流れて変わっていっているわけではなく、

さらに早いスピードでゲーム業界も変わってきていますからね。

 

 

ただ仕入れれないってことはないのですが、

電脳では昔より利益率が悪くなっているのかなって感じです。

さらに2年前は利益をガッツリ取れていた

商品の相場が崩れていて出品数がすごいことになっていたり、

もうプレミアじゃないじゃんっていう商品が逆に多数見つかりました。

 

 

で、ゲームせどりをやることのメリットを改めて考えますけど

1.回転率が早い

これはやってみればわかります。

だけど最近ではモノレートっていう便利なサイトがあるので

データを読み取ればどのジャンルでも

ある程度の回転率はわかるようになりました。

 

 

2.売上金額があがりやすい

ゲームせどりで爆発的に稼いでいる人たちっていうのはこれなんですね。

で、利益率が悪くても売上金額が大きくなるので

比例して利益額があがっていきます。

 

 

3.在庫を多く持たなくても売上金額があがりやすい

もちろん多く持てば持つほど売上金額があがっていきますが

回転商品ばかり仕入れていると仕入が大変になります。

 

 

4.管理が楽

重さや厚みなど様々あるわけではなく、

DSならDSの大きさ、PS2ならPS2の大きさがあって、

ほぼ決まった形のものなので管理が非常に楽です。

 

 

5.稼げる商品を覚えやすい

ある程度ソフトのパッケージを見て稼げる商品を覚えられます。

 

 

相変わらずデメリットは少ないですが、

メディア系のせどりの中では仕入れ単価が高くなります。

まあこんな感じで過去ゲームせどりで

利益をあげていた私なりの考え方です。

 

 

今でも十分通用するので取り入れてみる

価値のあるジャンルだと思います。

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA