電脳せどりでヤフオクから仕入れる時の失敗談

Pocket

電脳せどりヤフオクから

仕入れることが多いのですが、

たまには失敗談を書いてみようと思います。

 

 

ネットショップで仕入れる場合は

相手は業者で、しかも量販店系が多いので

商品がしっかりとしていますし、

不良品があったとしても

大抵は返品OKだったり、

クレームも言いたい放題なところがあります。

要は購入者有利な取引です。

 

 

ヤフオクの場合は基本的に個人間での

やりとりがほとんどで

ネットショップのような購入者有利な取引ではなくて

あくまで対等な取引という感じがあります。

 

 

それによってトラブルが多いのも

ヤフオクの特徴と言えます。

僕が体験したヤフオクの失敗談と言えば、

よくあるのが新品商品として

購入した商品の状態があまりにも悪くて

Amazonではとてもじゃないですけど

新品として販売できない商品、

こういった事例です。

 

 

商品が届いた後に

なんだこれ!!

ってかなりびっくりすることがありました。

 

 

商品の詳細ページに

書いていないような商品状態のときは

即効で出品者に連絡するのですが、

良い出品者であれば返品・返金で対応してくれます。

 

 

しかしそもそもなんだこれっていう商品は

悪意があってわざと商品状態を

詳しく書いていないケースがあるので

とにかくごまかしますね。

 

 

ノークレーム・ノーリターンっていう記載があっても

当然商品詳細に書いてない不具合だったら

関係ないです。

 

 

こちらとしては納得がいかないので

引き下がらないのですが、

最終的に無視される場合もあります。

こうなってしまったら泣き寝入りか、

そもそもこういったケースっていうのは

相手が古物商も持っていないでしょうから

警察に話をして相手の情報を伝えるかでしょうね。

 

 

それとわりと近い事例で

中古商品を購入した時の

動作不具合です。

 

 

これも書いてあれば問題ないのですが、

そもそも動かないのであればジャンク品ですよね。

ジャンク品をジャンク品として出品していない時点で

かなりの悪意が感じられます。

 

 

こちらも対応の仕方としては同じです。

とにかく出品者との話し合いですね。

詳細に書いてなければ徹底的に突っ込みましょう。

 

 

その他僕の場合ですが、

詐欺的な被害をヤフオクでは

遭遇したことがないんですよ。

 

 

むしろ海外取引の方が詐欺被害は多いです。

僕もすでに2回詐欺にあっています(笑)

ただそこに対するリスク回避は

ちゃんとしているのでお金は戻ってきています。

 

 

だから失敗談というか

トラブルに関しては

思っているよりもたいした問題には

なっていないんですよ。

 

 

ヤフオクは商品状態が

とにかく怖いとか、

詐欺が怖いとか思われるかもしれませんが、

おそらく1000件取引したとしても

遭遇する割合は1%ぐらいのものではないでしょうか。

 

 

ただ顔が見えないからといって

購入した立場でも横柄な対応をしてしまうと

相手も気分が悪くなります。

これは当然ですよね。

見えない向こう側にも人がいるということを

意識して誠意ある対応をお互いにすれば

まずトラブルになるということはないはずです。

これが対等な立場ということです。

 

 

電脳せどりでヤフオクは儲かりますよ~

的なきれいごとだけではなくて

実際にはこういうこともあるよって

ことをお伝えしましたが、

ここで億劫になる必要はまったくないです。

やはり電脳せどりをやる以上、

仕入れ先として外せないのがヤフオクですからね。

 

 

そしてネットショップは購入者有利と書きましたが、

転売目的で購入しているのに

強気でいろいろ攻めすぎると

ショップからブラックリストとされて

購入できなくなりますよ。

 

 

これは実際に人から聞いた話ですし、

そのショップ自体がせどらーを排除しだしたので

僕にも被害がおよぶことになりました。

 

 

仕入れ先が無くなる事は

電脳せどりにおいては死活問題なので

ヤフオクのリスクだけではなくて

ネットショップにもリスクがあるということ、

電脳せどりだけではなくて、

商売をする以上、いろんなリスクはあるということを

肝に銘じて、起こりうるリスクに対応できるように

やはり武器だけではなくて、

僕は防具もしっかりと装備したほうがいいと思っています。

ではまた。

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。