電脳せどりがピンチ!?ヤフオク手数料改定の1つのマイナス点

Pocket

電脳せどりが来年以降厳しくなるかもしれません。

その理由がヤフオクの手数料改定の話です。

 

こちらで、ヤフーかんたん決済についての記事にしましたが、

その時は電脳せどりにおける決済のみの部分では

かなり有利に働くものと思っていました。

 

 

しかしですね、

出品側の落とし穴として

落札手数料まで改定されることが決まっているようなんです。

これはヤフオクで出品もしている僕が当事者として

痛いな~って思っていたんですが、

よくよく考えると

出品手数料が上がるなら価格も上げなきゃな~・・・

!!!!!!

 

 

 

そうなんです!

そもそもの出品価格が釣りあがる可能性があります。

今まで5%ほどの落札手数料しかなかったものが

9%弱まで上がるということは出品者として地味に痛く、

1円出品にしても今までより4%ほどの手数料を多くとられるんですよね。

 

 

そう考えるとヤフオクメインで電脳せどりをやっているなら

楽観視できない問題になりそうなんです。

 

 

一方でそんなに影響がないかなと考える自分もいて

僕らのようにセミプロみたいな感じで転売をやっているなら

そこまで考えるんですが、

ヤフオクを1つの販路として捉えているプロであれば

そもそも市場の適正価格をせどらーほど

把握できていないと思っているので

そういった業者から仕入れることは今までどおりできるかなと。

 

 

そしてヤフオクの中で利幅がとりやすい商品というのは

素人が処分品として出品する商品です。

キーワード選定なんかもあまりしていないので

見つけるのも難しいのですが、

こういった存在というのも少なからずあるので

やはりそういった出品者を探していかに捕まえるのかというのも

重要になってきそうですね。

 

 

ヤフオクに関しては

このキーワード出品者というのが

僕の中ではかなり重要で

こういったことを資産構築型のファイルとして保存しておけば

後から効率化ということに繋がります。

 

 

そのあたりに関しては最近講座という形で

公開していますのでぜひ参考にしてみてください↓↓↓

 

 

実際には2016年2月16日からスタートらしいので

僕もヤフオクでの戦略を考えていかなくていかないと思っています。

ただ最近はプロ達のように利益をとっていく販路というよりは

処分品や販路拡大といったイメージに変わりつつあります。

それでも利益が残ればうれしいですけどね。

ではまた。

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。