僕が電脳せどりでヤフオク仕入れをする理由

Pocket

僕は電脳せどりをやる際、

ヤフオク仕入れがメインとなっています。

 

 

単純な理由としては

リサーチを効率化して

サクサク稼げる商品を

見つけられるということがあります。

 

 

ネットショップでも可能なんですが、

僕は有料のツールも有効に使いまわせる

ヤフオクがやりやすいというだけです。

 

 

ところで店舗せどりなんかでよくある

全頭検査

という言葉をご存知でしょうか?

 

 

要はその店舗内にある商品すべてを

片っ端から調べつくして

その中から稼げる商品を見つけ出すというものです。

 

 

これって非常に非効率だと思いませんか?

だって仮にすべての商品を見たとしても

稼げる商品が無かったら・・・

僕は恐怖ですね。

 

 

その全頭検査をして見つからないという

状況を作り出すのに要した時間は

いったい何時間でしょうか?

 

 

電脳せどりでも同じことが言えます。

このネットショップ内の商品をすべて探すことで

稼げる商品はきっと見つかるでしょうが、

それに要した時間は?

 

 

リサーチに慣れていないなら

もっともっと時間はかかるでしょう。

 

 

じゃあヤフオク内の商品をすべて探すことで

稼げる商品は見つかるでしょうが、

その商品を必ず落札することができますか?

 

 

そんな状況を作り出すぐらいなら

間口をできるだけ狭くして

商品を探した方が楽ではないですか?

 

 

効率化の方法というのはたくさんあります。

それはツールを使うことだったり、

リサーチの慣れであったり、

その手法であったり・・・

 

 

リサーチの慣れっていうのは

リサーチをやり続けることでいずれ身に付きます。

ツールに関してはさらなる効率化のために

いずれ有料のものを買うということを決めればいいです。

 

 

その前に手法を極めていった方が

僕は効率化への近道なんじゃないかと思っています。

その中でも僕が効率化のためにやっていることが

リサーチの間口を狭くして検索していくということです。

 

 

具体的にいうと

特定の商品を絞って検索していくということです。

その商品は別になんだっていいんです!

例えば自分が好きなキャラクターでもいいですし、

得意なカテゴリーでもいいですし、

アウトレット品でもいいですし、

骨董品だっていいわけです。

 

 

重要なのは

そこで見つけたたった1つの商品、

ここからいかに派生をさせるか!

重要なのでもう一度言います。

派生です!!

 

 

これが効率化のための手法となるわけです。

●●せどり

△△せどり

こういうのは特に重要ではないです。

 

 

派生させた先にある商品というのは

自分でも予測できないからです。

だから新品の商品を探していたはずなのに

仕入れた商品は中古品だった

なんてこともよくあります。

 

 

これが僕が昔からやっている手法であって

現在もなお、通用している方法なんです。

●●せどり

△△せどり

っていう方法はあってもいいんですが、

軸となる手法があってこそだと思いませんか?

僕はこれからもそうやって電脳せどりを続けていきます。

では。

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。