BIG tomorrowさんより再取材受けたので新講座スタートします!

Pocket

BIG tomorrowさんから取材を受けて2か月しか経過していない中、再度取材をしたいということで依頼があり受けることになりました!

 

 

BIG tomorrowさんから再取材の経緯

2か月しか経過していない中での依頼だったので、まずはどういった経緯で再取材になったのかをお聞きすると、出版社側でアンケートをとっているらしいのですが、その5月号に掲載されている記事の中でもっとも反響があったのが僕の記事だったらしいのです!

 

 

僕の中では本当に!?

という疑心暗鬼で中身半分でお話を聞かせていただきましたが、もう少し手法に寄ったところで詳しく話を聞きたいということだったので僕が実践している電脳せどりの手法部分を詳しくお話しさせていただきました。

 

 

その内容を結構詳しく記事にはしていただけるみたいなのでぜひとも5月25日発売の7月号を見てみてください!

 

 

僕の電脳せどりの手法とは?

せっかくこういう機会をいただいたので僕の電脳せどりの手法について簡単に解説しますが、せどりにおいて間違いなくフォーカスされるのは仕入れの部分です。

 

 

仕入れができなければ販売もできないので当然と言えば当然なのですが、その仕入れる商品にも2種類あるのはお判りでしょうか?

 

 

定価が存在したとして、その定価という基準から安く、またはそれ以上で販売することが可能な定価以下で仕入れることができる特価商材と市場の流通量が少ないのに需要があるため、販売の際の市場価値が高くなることから定価より高く販売できるプレミア商材があります。

 

 

僕はどちらかというと後者の方が得意な分野になるのですが、今回はそのプレミア商材の仕入れの部分に特化した記事になっているはずです。

 

 

ただやはり文章にしていただくと伝わりきれない部分も多くあり、確かに僕のやっていることのさわりであれば理解はできると思いますが、それだけでは足りないかなという部分に対しての自力の向上を目的としてもらえるように、BIG tomorrowさんより再取材受けたのをきっかけにスモールステップ式電脳せどりラボ講座というのを新設してみました!↓↓↓

スモールステップ式電脳せどりラボ講座

 

メール講座として配信するのですが、登録していただければ動画総数101本、総再生時間500分以上にまとめた初心者から上級者まで使えるコンテンツサイトもプレゼント特典としてご案内しますので、ぜひこちらの講座で電脳せどりにおける自力向上を目指していただければと思います!

 

 

まとめ

Amazonの詐欺問題等が活発となっている中で、Amazonからのお客様離れという懸念もあるとは思うのですが、つい最近もコンサル生と話をしていて、結論!

あまり影響ないよね・・・

 

 

ということになりました。

と言いますのも僕自身が今現在も過去もやっている内容はほとんど変わらないからなんです。

 

 

それで、

もちろんコンサル生にそれを教えているわけだから、同じ結論に到達するわけなんですが、こう考えると自分の考えていることは物販において普遍的に変わらない要素なんだなあと思います。

 

 

物販において普遍的に変わらないということは、仮に販路がAmazonじゃなくても、その考え方はどこででも通用するということなんですね。

 

 

実際に考え方自身は変えずに、いずれかのプラットフォームのルールであったり、ちょっとした戦略を加えるだけでいろんな場所で通用しています。

 

 

なぜ物販が大昔からあまり形を変えずに残っているのか?

そう考えると少し答えは見えてくるかもしれませんね。

 

 

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。