電脳せどりで商品が見つからない1つの理由を考えてみた

Pocket

電脳せどりで商品が見つからない

1つの理由を僕なりに考察してみました。

 

 

稼げる商品を探すためには

リサーチのやり方や手法っていうところもあるでしょうが、

時間の使い方や慣れの要素が

非常に強いことがわかっています。

 

 

 

そもそも電脳せどりで商品が

見つからないという1つの理由としては

慣れるまでの数をこなしていないということです!

 

 

数をこなしていないというのは

じゃあ全頭検査すればいいだけなの?

って思われるかもしれませんが、

それはあまりにもナンセンスですし、

勘違いもいいところです。

 

 

慣れるまでというところが重要で

時間の使い方や慣れの要素を作るために

ツールやリサーチ力や手法があるのです。

 

 

だからとんでもない稼げるノウハウがあったとしても

それに慣れるまでには絶対に時間がかかります。

時間がかかるということは

稼げる商品を見つけるのにも

やり始めは時間がかかるということです。

そうすると人の行動心理として

稼げると思っていたのに全然見つからない

という意識にかられるんですね。

 

 

そこでよくありがちなのは

稼げないと思った瞬間に、

やりきってもいないのに

別のノウハウに目移りしてしまって

結果、ノウハウコレクター

になってしまう可能性がでてきます。

 

 

だからそうならないように

何か1つのノウハウがあったとして

それを徹底してやるというのは

非常に重要なことなんです!

 

 

そうすることで作業自体に慣れがでてきて

必然と時間の効率化に繋がってくるんですよ!

パソコン操作だって同じでしょ?

 

 

電脳せどりのノウハウだって

ルーティン化すれば

その行動自体が

後々時間の効率化になってくるんです!

 

 

スピードが上がることで

稼げる商品が見つけやすくなっているだけで

やっていることは当初から同じなんです。

 

 

こうやって聞いてもらうと

僕だからできることとか、

一瞬で商品を見つけてしまうとか、

魔法のようなことをやっていないというのは

わかっていただけますよね?

 

 

同じ行動を繰り返す

これだけで最終的には効率化になってくるし、

電脳せどりでも商品が見つからないということは

無くなって、むしろ商品が見つかりまくるという

芋づる式モードに突入しますよ(笑)

 

 

商品が見つからないというのは

もちろん正しいノウハウを知らないというのもありますが、

何かノウハウを知っているなら

それをとことんやってみるべきですね。

 

 

 

慣れによるスピード感

ちょっとだけこれを意識してもらうと

1つ商品が見つかったときに

後々稼げる商品が見つかるんだなという

希望に変わると思いますよ。

ではまた。

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。