電脳せどりと並行して卸仕入れを行う3つのメリット

Pocket

僕が今やっている物販で

大きな売上をキープできているのは

電脳せどりに合わせて卸仕入れをやっているからです。

 

 

もちろん利益を得ることができなければやりません。

最近の傾向として僕のやっている

電脳せどりと卸仕入れのハイブリッド戦略について解説しますね。

 

確実に利益にできる

これはどういうことかというと

通常店舗や電脳で仕入れる商材というのは

よっぽどレアな商材ではない限り

言ってみれば誰でも仕入れることができる商材ですよね。

 

 

ということはいずれ価格競争になりかねないというものなんです。

経験ないですか?

最初はあまり出品者がいなくて

すごく利益が取れる商品があって

浮かれてたなんてことが(笑)

 

 

楽天セールなどで顕著に表れるんですが

一気に出品者増加であっという間にライバル激増、

そしてあっという間に価格下落、

挙句損切りみたいな感じですね。

 

 

こうなると利益が残らないじゃないですか。

いくらキャッシュが必要といっても

お金を回しているだけで

赤字の商売なんて意味ありますか?

所謂自転車操業です。

 

 

だから僕は電脳せどりを行う際は

まずライバルがいなくて利益額が取れる商品を仕入れて

卸仕入れでは薄利多売なんてことをよくやります。

 

 

そうすることで電脳せどりで

利益5,000円以上でる商品を数十点、

卸仕入れで300円以上利益の取れる商品を

数百点販売することで赤字になることなく、

商品を販売して確実に利益を残しているわけです。

 

 

もちろんすべての商品がそうではありませんが、

こういった流れの方が確実性があるということです。

だから電脳ではメジャーではなく、マイナーな商品を、

卸仕入れでは高回転商品を数多く販売しているわけです。

だからといって卸仕入れでも30%ぐらいの利益率のものもありますよ。

 

評価稼ぎ

今ほど卸仕入れで大量に販売するということはご説明しましたが、

大量に販売することで評価をもらいやすくなります。

しかも良い評価だけです!

 

 

これはなぜかというと

要はコンディションに左右されないということなんですね。

店舗にしろ、電脳にしろ、

転売用の商材ってセール品みたいのが多いから

新品といえどもスレやちょっとした破れなどありますよね。

購入した人にもよりますが、

悪い評価を付けかねないということなんです。

 

 

中国輸入の商品なんかもっとひどくて、

購入時には一緒の商品だと思って出品した商品が

実は偽物だったとか。

それでアカウント停止なんてよくある話です。

自分は全うに商売しているつもりでも

こういうことが起こりえる話なんです。

 

 

メーカーからの仕入れであれば

状態はもちろん良いですし、

不良品が出ても普通に交換対応してくれます。

長期的に安全な商売をしているということなんです。

 

 

売上が安定する

卸仕入れをやっていると仕入れが安定するのはもちろん、

電脳せどりが仮に不調だったとしても

売上が途切れるということはありません。

 

 

薄利だったとしても数百点売っていると

卸仕入れだけでも月収で30万円ぐらいは余裕でいきます。

それに加えて電脳せどりがあるから

さらに利益が上乗せされるんですね。

 

 

だからこそ電脳せどりで

利益額っていうものを求める仕入れもできるようになるわけです。

 

 

 


 

このように電脳せどりと並行して卸仕入れを行うことで

得られるものが大きいので

ぜひ3つのメリットを意識して

トライしてみてください。

>>電脳せどりで仕入れてはいけない商品とは?

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。