電脳せどりのコツとは?細分化して考えると2種類に!

Pocket

せどりは大きく分類すると

店舗せどりと電脳せどりに分かれるのはわかりますよね。

ただ電脳せどりの方法も細分化すると

さらに2つに分けることが可能です。

 

僕がメインでやっているのはヤフオク仕入になるわけなんですが、

店舗やネットショップにすら商品が置いていないような商品、

いわゆる希少性が高いプレミア商品をまずは探していきます。

 

 

だから検索の入り口としては

非常に狭い間口から商品を検索していくわけです。

だけど実は派生させていくことで

ジャンルにとらわれない商品を

芋づる式に探すこともできるようになります。

 

 

希少性が高いから基本的に

Amazon在庫もない商品がほとんどで、

そうなってくるとあとはライバルセラーが

どれだけいるのか、回転率はどれくらいなのか、

というところで仕入れの判断をするのが

まず1つ目の電脳せどりの方法です。

 

 

2つ目の方法として

僕がやっているところで言うと

メーカー・卸仕入やネットショップから仕入れる

いわゆる定価より安い商品を仕入れて販売する方法です。

 

 

この方法の良いところはプレミア商品と違って

仮にAmazonが在庫を持っていようとも

Amazonと戦って利益が取れるなら

それは仕入れ対象となるわけです。

 

 

例えばそのときのせどらーの心理としては

Amazonがいるから仕入れるのを辞めようと考えるはずなんです。

そうすると言ってしまえば極端にライバルが減るので

おいしいパターンが存在するんですね。

 

 

この僕が実践している内容で両方に共通しているのが、

赤字になるリスクがめちゃくちゃ低いということです。

物販をやっていると資金を回すために

よく損切り、損切りって言われるわけですけど

そもそも損切りする必要がないんです。

 

 

もちろん各々利益の取れる基準というのはあるでしょうから

そこから大きく外れた商品は間違った仕入れとして

損切りすることはありますが、

それ以外は無駄に価格競争に付き合わないで

必ず利益を取るようにしています。

 

 

僕が最近やらかしてしまう失敗は

お酒を飲みながら電脳せどりをやって

基準からはみ出した商品まで仕入れてしまうことです(笑)

 

 

資金を作るためとはいえ、赤字で商品を売ること自体

正直意味があまりありません。

それならそのときのキャッシュと相談しながら

利益率を落としてでも確実に利益がとれて

かつ回転率の早い商品を仕入れるのか、

あるいは僕のように長期でキャッシュを回収しながら

短期でも確実に利益の取れる商品を仕入れるのか、

このあたりは各々の戦略なんですが、

損切りにも意味があるということなんです。

 

 

Amazonで販売するにあたって

カート戦略は非常に重要なので

もちろん価格改定しながら

そのときの価格に追従はしなくてはいけないのですが、

赤字にしてまでその価格に付いていく意味があるのか、

ちょっと考えてみてください。

ではまた。

 

The following two tabs change content below.
あらっく

あらっく

多発性硬化症という難病に侵されながらも、あきらめずにしぶとく電脳せどりをやり続けた結果、独自の電脳せどり論で単月利益140万円を達成!その後継続的に月商500万円前後、利益率20%程度をキープして本格的に法人として起業。せどりの全自動化を目指して研究中。

コメントは受け付けていません。